マラソンにハマる人が多い理由

2017-06-13 19:30:00 | Weblog
ふとマラソンにハマる人が多い理由を考えてみた。

1・技術がいらないので誰でも出来る。
球技は道具のもち方、使い方、フォームなど経験者に指導を受けないとなかなか
はじめられないが、走るのは誰でも出来るので思い立ったが吉日、すぐに始められる。
運動が苦手でも意外と長距離走向きの人もいるのでのびしろもけっこうある。

2・一人で出来る、いつでも、どこでも出来る
相手いらず、施設、設備を利用しないので自分の時間で、道さえあれば出来る。

3・己との勝負である
対戦競技は必ず相手がいる、レベルの高い相手にはどうやっても勝てない。
マラソンは自分で設定したタイムを目標に走るのでよほど無茶なタイムを設定しない
限り目標達成の可能性がある。自分の力にあわせて目標をたてれるのがミソ。
また、対戦競技は相手も負けじと努力してレベルアップするが、目標タイムは
いつも逃げずにその位置にいるので自分さえレベルアップすればよい。

4・まぐれがない
対戦競技は相手のミスや幸運が合わされば、たまにだが格上にも勝つことがある。
しかし、マラソンは練習以上のものは出ない。
努力が必ず実を結ぶわけではないが、努力しなければ結果が出ない。
このやりがいがやる気を育てる。

東京マラソン以来マラソンブームはまだまだ続いているが、自分は走るのはええわと
言う人の中にも遅ればせながらはまる人はまだまだ出てくると思う。
特に大都市マラソンはたくさんの応援、支援の中で日頃の努力を発揮する場に出来るので
おすすめ。これでハマる人は多い。

自分もまた大都市マラソンを走りたいが、2017年は大阪・神戸W落選となった…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変態への道は遠い | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (天橋立)
2017-06-13 22:29:19
箇条書きにしてるの全部ギャンブルと通ずるものがありますね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL