マルチストラテジーを開発中・・躍動するストラテジー達! [SS.labo通信]   

躍動のストラテジー!・株日記-あんな話・こんな話・週間パフォーマンス・相場の局面は?・来週はどうなる?マルチストラテジー

雑観 ・--・「タカタ」7312 に思う

2017-06-28 16:46:11 | 株式日記

雑観 ・--・「タカタ」7312 に思う

ham○○さんのブログを興味深く読まさせていただきました。
かって、「中央汽船」の民事再生法適用の時を思い起こしながら・・・・。あの時は、「成行売り」で投げても投げても、寄り付かなかったことと恐怖を思い起こしました。

「タカタ」は、自動車部品メーカー、・エアバックに特化して強い。シートベルト、チャイルドシートなど。
 ・その「エアバック」の欠陥リコールにより、最終的な負債が1兆円を超える見通しになり、ついに経営破綻。
 ・「エアバック」など、専業トップメーカーとして、優れた技術人、特許、設備を有していたと思われる
 ・内部留保がかなりあったとも思われる。
 ・トップ経営陣が、責任逃れ、責任転嫁に明け暮れし、金融からの支援体制が敷かれなかった。
 ・もとより、負債を差っ引いた後の、解散価値を算出する能力も意欲もないのだが、
 ・だから、110円が正しいのか、35円が妥当なのか、¥1円紙切れが当然なのか、さっぱり分からないのだが・
 ・車社会では、「エアバック」は必要であり、シートベルトも必要であり、その優秀な技術者や特許技術や近代的設備機械が、・
   「欠陥リコール」で、全くの無価値になるとも思えない。
 ・あえて、負債まで含めて合併・併合を企てるところがあるとは思えないが、負債を別に切り離せれば、
   かなりおいしい企業であることは確かで、、・・・このまま、消えていくのかなーああ・・。
 ・民事再生法申請のあと、参戦するなんて、、ham○○さんはすごい。
 
◇:「第一中央汽船」に引っかかって大損した後、回避指標を考えて「ストラテジー」を検証してみましたが、有効な方策は見つけられず、結果「ストラテジー」は元のまんまにしました。検証する過去データは、民事再生申請や上場廃止も含まれているのです。そして・・、今も使っています。
・「タカタ」も「第一中央汽船」も、価格帯では回避できませんし・。突然の事故は、上場基準を満たしているときにも頻繁に起こるのです。の民事再生法申請など、上場基準を満たさない・・管理ポスト、整理ポストの段階は、時系列的に次ステップの問題で、これは注文する時点で、注意喚起されますから別問題です。
・低価格帯は、「倒産リスク」という考え方は、頭の悪い人の偏見です。株価は、企業価値や企業の業績の表現であって、それ以上でもそれ以下でもない。

  ・・・なんて ・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑観 ・--・トレンド変換に... | トップ | 雑観 ・--・取引先の環境 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

株式日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。