マルチストラテジーを開発中・・躍動するストラテジー達! [SS.labo通信]   

躍動のストラテジー!・株日記-あんな話・こんな話・週間パフォーマンス・相場の局面は?・来週はどうなる?マルチストラテジー

週間パフォーマンスレポート

2017-07-22 20:40:54 | 週間パフォーマンスレポート

 

       ◇:7月4週目7/21まで:日経JQ平均:0721

 



 


----------------------------------------------
・・オレンジの文字色 押すと明細が見えます
詳細:・クリックすると「テラス」の該当ストラテジー明細を確認できます 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

--------
1:マルチ: Tactics
 1-1:)マルチ:デュオⅢm1      1-2:)マルチ:トリオⅣm1 
 1-3:)MD・Ⅳ(マルチ:デュオⅣm1)  1-4:)ロング&ショート:DTマルチ・デュオm1

2:逆張り・ロング: Tactics
 2-1:BBモアン:Ⅲmode3.   2-2:)シータDC2
 2-3:)シータⅤ:Contrary2 

3:順張り・ロング: Tactics
 3-1:SGS-FC   3-2:)ストックライザー
 3-3:)プラクティカルGS

4:ジョイント・ロング: Tactics
 4-1:)シータ:1 

5:デイトレ: Tactics
 5L-1:)フォンティーヌ
 5S-2:)ディオーネⅢ:BB+m3   5S-3:)マレットS:tm
-----
クリックすると「テラス」へ飛び、「サマリー」の詳細が見られます


>「各ストラテジー・成績表」:表現方式を少し変えました


]

「ストラテジー」の通信簿・7月 4週目:7/1-21まで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
解析・・7月4週
・ロング・順張りが機能しています。3週までと比べても若干勢いが増しています。(理由:1日当たり損益・4週まで>3週まで)
・反面、ショートの不調が目立ちます。辛うじて、7月月間の損益がプラスになっているものの少額です。
・通常、マルチストラテジーは、A(ロング)ストラテジーとB(ショート)ストラテジーの2本の組み合わせの場合、「1+1=2+α」のようなパフォーマンス(+αは+10~+30%)が多いのですが、今月の4週までは、「1+1=2-α」の結果です。
・このように、”α”がマイナスのパフォーマンスが恒常であればマルチストラテジーの優位性は崩れます。(「+α」がマルチ・ストラテジーの優位性の要です)
・マルチストラテジーの「1+1=2-α」現象は、4月と5月にも起こっています。
・確かに、月別勝率という視点でとらえると、オペレーション開始以来負けなし(全勝)が続いているのですが、時々に稀ですが、「損益最大化」とは必ずしも結びついておりません。
・残り6日間で、7月のSammeryがどのように着地するのか。
・負けないという「安定性」に信頼が揺らぐことはありませんが、「損益最大化」という目的に課題が見つかった、ということで・・・。
*****◇ Information ◇***** 
・特になし
 ------------------------------------------------

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビットコインの乱高下、・--... | トップ | 夏休み相場は例年低調だが・-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週間パフォーマンスレポート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。