今日も遊・食・見 + Life

おっくんの元気の源…四方山Dialy!

冷し中華における胡瓜の切り方についての考察

2017-07-15 | 日記
まだ梅雨も明けていないというのに真夏を思わせるこの暑さ (;´Д`)ハァハァ

食欲の落ちるこの時期になると恋しくなるのがこれです!



じゃじゃ~~ん 「 冷し中華 」
大好物で、多いときは週に2・3回お昼ご飯で食べます。 はい、アホです。
なかでも、この五木の乾麺タイプが大好きです。
なぜならば・・・、そう安いから! 1袋2人前で100円程で売ってます。 はい、セコいです。

さて、冷し中華の具といえば何でしょう。
焼豚、錦糸卵、エビ、カニ、トマト、レタス、紅生姜等々いろいろ乗せるのが楽しくって美味しいですが、
レタスやトマトは無くっても絶対に欠かせない野菜があります。



きゅうり~!
なぜならば・・・、大好きだから ヽ(^o^)丿
論理的に論文調で書くつもりだったけど、小学生の文章みたいや。

そこでいつも気になるのが、そのきゅうりをどのように切れば最も美しく、
かつ美味しく食べることが出来るかという問題です。



ここに2つの方法をあげてみます。



方法①は、まず器の大きさを考慮して適当な長さにカットした後、縦に薄くスライスします。



そのまま縦に刻んでいき、マッチ棒の形状を目指します。
または少し幅広く、切り口を長方形にするのも趣きがあってよいでしょう。

器に盛りつけたのが下に示す写真です。





他の具材として、薄焼き卵みじん切り、ハム、カニぼこ、紅生姜、ゴマをあしらいました。
尚、タレは練からしを効かせたレモンしょうゆ味です。



なかなか口当たりが良く、なおかつパリパリ感の味わえる仕上がりになっています。



方法②は、斜めに薄くスライスしますが、これもまた縦の長さは器の大きさを考慮したものとします。



これをまた縦に刻みます。

器に盛りつけたのが下に示す写真です。





ありゃま、きゅうりの量がちょっと多すぎたわ (^ε^) てなことは論文には書きませんが・・・

尚、タレは今回ゴマだれを使用しました。



見栄えはどのきゅうりにも緑の部分が残っていて、色鮮やかですが、
先のとがった部分が口の中にあたって、食感が損なわれる気がします。

結論!!

まぁ、どっちでもいいんじゃないんでしょうか、そん時の気分で (^▽^;)
そない大きな差があるわけじゃなし、こだわる程の事じゃないでしょう!!

あっ・・・



パッケージの見本は方法②ですわ。ほなこれでいこ!!

なんという優柔不断さ!!  何のために試みたんや??  いい加減な奴・・・というのが結論。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 応仁の乱の傷跡を巡る その2 | トップ | コンチキチ~ン ♪ の 祇園祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。