おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

話しかけてきた女の子

2017-04-25 16:09:16 | 雑記
昨日の夕方のことです。町会の用事があって近所を歩いていました。ランドセルを背負った女の子が小さい声ですが、「こんにちは」と話しかけてくれました。同じ町内のD小学校では元気に挨拶をする子を目標にしています。学期初めには特に力を入れて「あいさつ運動週間」を設けています。町会の役員をしている私どもも、近所のおじさん、おばさん(?)代表として顔見知りになることも目的で、登校時間に合わせて校門のところに立ち、大きな声で「おはようございます」「行ってらっしゃい」の声掛けをします。

その効果の表れでしょうか、女の子の方から挨拶をしてくれたのでした。
方向が同じで、しばらく並んで歩きました。
「あら、半そでで寒くないの?今日は気温が下がって来たし」
「ううん、ちっとも寒くない。今BOPで遊んできたから暑いくらいだよ」
「そう。元気だねえ。何年生?」
「下級生なの。さて何年生でしょう?」逆に質問してきました。
「ふ~ん、下級生ということは・・・」
「そう。下級生ということは1年生か2年生ということよ」
「う~ん、しっかりしているから2年生かな」ランドセルで見当を付けながら褒め言葉で答えると
「あ、当たり」
「可愛い一年生の後輩がいるお姉さんなのね」
「おばさん、家に帰るところ?」
「そうよ」
「おばさん足が速いね。急いでいるの?」
「いつもこのくらいだけれど。速すぎたかしら」
「速過ぎじゃしないけれど私はもっとゆっくり歩くから」
「あら、ごめんね」

四つ角に来たら、「じゃあさようなら」と左に折れていきました。
「気を付けて帰ってね」
何だかほっこりしました。

こうして、挨拶をしてくれ、話かけに乗ってくれて、おばあさんはうれしいんだけれど、いたましい事件もあったりします。
この人なっこい子供が、そのままの純真さを失わないで成長していける地域にしなければ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木造3階建て | トップ | じじと孫娘の文通 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (yayoi)
2017-04-25 18:08:16
ご心配お掛けしたままで、大変ご無沙汰してしまい、心苦しく思っておりました。
おせっちゃんは、ずっと続けられて、本当に素晴らしいと感心するばかりです。
又ぼちぼちとでも始めてみようと思っておりますので、こんな私ですが、よろしくお願い致します。
あいさつ運動 (リョウ)
2017-04-25 19:06:20
たった1週間でも「あいさつ運動」の成果はあったようですね。顔見知りの人にきちんとあいさつできて!
おせっちゃんさんと愛らしい会話をしながら歩いている様子が目に浮かびます。こちらまでほっこりします。
痛ましい事件のもあり最近は人懐っこい子供ほど心配になりますね。

(BPOって何のことでしょうか? 初めて聞く言葉です。くだらない質問ですみません)
yayoi様・リョウ様 (おせっちゃん)
2017-04-25 19:47:39
yayoi様・・・無理やり書いています。
ネタが尽きて、もう止めようと思う日が出てきます。それをどうやら続けるのは、やせ我慢。

リョウ様・・・BOPというのは、放課後5時頃まででしょうか、子どもを預かって、指導する仕組みがあるのです。退職後の先生などが指導者になっていらっしゃるようですよ。
BOP (リョウ)
2017-04-26 11:26:10
解答ありがとうございました。
たった3文字なのに間違えてしまって(集中力欠如)恥ずかしいです。
とても良い取り組みですね。特に世田谷区では積極的に行われているようですね。他の市町村にも広がると良いと思います。
リョウ様 (おせっちゃん)
2017-04-26 16:13:06
夫婦ともにフルタイムで働く過程が増えています。放課後の時間をBOPが支えているようですね。我が地域では、児童数が減って余っている教室を使っているようです。
小学生の挨拶 (あきこさん)
2017-04-26 19:59:58
D小学校ではどなたにも挨拶をかわすのですね。
いいですね。
痛ましい事件の影響もあるでしょうが、小学生には見極めが難しいですね。

K小学生は、見守りたいのたすきをかけていても、挨拶が苦手な子どもが多いような気がします。
あきこさん (おせっちゃん)
2017-04-26 23:22:29
出会った子の女の子が特別に人懐っこい子供だったのだと思います。
学期初めに校門のところで声掛けをしても、せいぜい小さな声でおはようを言うくらいですよ。
元気よく大きな声で答える子は少ないし、ましてや自分の方から言う子は珍しいのです。
声を出すのが難しいようですね。
大声を出す練習は必要かもしれません。万一の時「助けて~と大声が出せるように。」

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL