おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

迎賓館

2017-04-20 17:10:12 | 雑記
ザ・ロープの作品展に感動して、その後の会食を楽しみ、「また、作品展をやるときは招待してね」と頼んで甥夫婦とは別れました。

さて、まだ2時半。どこかいいところはないかしらということになりました。らい太は夕方も自由な独り者。私もうまい具合に夫が「夕ご飯いらないよ」と出かけた日でした。フリーです。

さてどこに?
らい太が「迎賓館の見学はど~お。今日は確か予約なしでも少し並べば入れる日だと思うよ」と言います。グッド・アイディアと話はまとまりました。お天気は上々。おまけに幸いにも、午後も3時近くになっていたため、ほとんど並ばずにはいれました。

室内は撮影禁止ですから、パンフレットからスキャンした画像を載せます。
ヨーロッパのお城の内部のように、きらびやかではないけれど、白壁に彫刻の金箔が上品な華やかさですし、それぞれの部屋が、いかにも日本的な控えめなしつらいでした。シャンデリアや大理石の柱などは重厚です。
お迎えする外国のお客様にも、この和の美しさが解っていただけるかと、見学いたしました。









このほかにも、和風別館があるようですが、こちらは、完全予約制のようで、見ることはできませんでした。

建物を出て、主庭と呼ばれるお庭に出ます。噴水が急に気温の上がった晴れた空に美しく映えて吹き上げています。国宝だそうです。
本館を背景に撮った写真をお目にかけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ロープ帆船模型展 2 | トップ | こんな言葉 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
迎賓館 (あきこさん)
2017-04-20 22:57:22
迎賓館はヨーロッパのお城等をみるようで、日本とは思えない程なのですね。
贅沢を極めた建造物ですね。

迎賓館という名に納得いたしました。
必要なのでしょうね。
あきこさん (おせっちゃん)
2017-04-20 23:36:46
国賓級のお客様をお迎えするには、国の威信のためにも、セキュリティーのためにも、また文化財保護のためにも、ある程度のものは必要かと思います。費用も相当なものとは思いますが。

こうして、一般国民に公開されるのはうれしいですね。
迎賓館 (リョウ)
2017-04-21 10:10:47
あの素晴らしい「ザ・ロープ帆船模型展」の後はまた素晴らしい迎賓館にお立ち寄りでしたか。東京は見ごたえのある場所が沢山ありその気になれば毎日エンジョイできますね。

迎賓館は若かりし頃2・3度行ったことがあります。迎賓館として使い始めるというときのお披露目のようなときでした。懐かしく写真を見せて頂きました。
リョウ様 (おせっちゃん)
2017-04-21 16:19:30
迎賓館、自分が使うことは決してないところですが、こうして見学できたのはうれしいことでした。

東京は、美術展など常に開かれていますが、何しろ人が多いのです。混雑を苦にして行きそびれてしまいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL