おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

小さな記事・ニュースから

2017-07-14 14:56:08 | 雑記
だんだんネタに詰まってきました。苦し紛れに小さな記事・ニュースから。

🔴 日焼け止めクリーム使用は

20代の女性が週3回以上日焼け止めを使った場合、血中のビタミンD濃度が常に「欠乏状態」になっていたことが、大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査でわかった。ビタミンDは日光に含まれる紫外線を浴びることで体内で作られ、骨の形成に関わる栄養素。不足すると、骨粗しょう症などになりやすくなる。同大では「直ちに病気になるわけではないが、ビタミンDを含む食品で補ってほしい」としている。(ニュースの確認にネットの記事を使いました)。

🔴 階段筋トレ(昨日の日経夕刊 日経Gooday カラダにいい情報)

加齢とともに衰えやすいのが下半身の筋肉。夏の暑い日は運動も面倒になる。柔道男子日本代表などのトップアスリートも指導する岡田隆教授は

「日常生活の中では階段が最も身近で最高のトレーニングの場」と言う。

のぼるとき踵から着地すればお尻回りが鍛えられる。
つま先着地ならふくら脛と太腿前面が鍛えられる。
ヒップアップの効果はかかと着地で一段飛ばしがいい。
下りもトレーニングになる。着地の衝撃が筋肉細胞を取り囲んでいる組織を強く太くする。怪我の予防になる。

一般の人が筋肉量の維持や発達を目的にするのなら、一度に多くの階段を上らなくても小分けで十分。

🔴 雑学・・・ラーメン(昨日の日経新聞夕刊)

ラーメン(中華めん)の定義をかん水を使用していることとすると。

今まで、江戸時代の僧侶の日記を根拠に1697年、水戸藩主の徳川光圀が食べたのが最も古いとされていた。ラーメン史を塗り替える新たな資料が見つかった。
新横浜ラーメン博物館によると、室町時代の僧侶の日記「蔭涼軒日録」の中に、中国のレシピを参考に1488年に「経帯麺」を調理し、来客にふるまったとの記述があったという。
レシピを調べてみると小麦粉とかん水を使うことが分かった。
スープのつくり方は記述がないが、シイタケや梅昆布のだしをかけて食したのではないかとしている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真っ直ぐ育って | トップ | 漂流ポスト »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
為になる話題 (リョウ)
2017-07-15 09:57:19
この地に来て初めて毎回外出すると時は日焼け止めクリームをつけるようになりました。紫外線が日本の7~8倍の量だとのことなので。でもビタミンDが欠乏すると言うのは知りませんでしたのでこれからは意識して骨粗鬆症にならないように気を付けなければと思いました。

ラーメンの話、私も徳川光圀が最初に食べた人という事は知っていましたが室町時代から既に食していたという記述があるとは新たな発見ですね。

なかなか興味をそそられる話題3点ありがとうございました。
リョウ様 (おせっちゃん)
2017-07-15 16:20:39
色白も望むところですが、日焼け止めうりーむがビタミンD不足を引き起こすなんて、思いもよりませんでしたね。私は皮膚が過敏で、kぎられた化粧品しか使えず、生来の色黒が、ますます濃さを増すのですが。
コネは一度k津量が減ると、なかなか回復しません。しっかり食べものからDを取ってください。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL