おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

主婦のゴールデンウイーク

2017-05-05 15:11:39 | 雑記
「ゴールデンウイークらしく、主婦も一日くらい出掛けない?」とらい太を誘いました。
「いいねえ、どこへ行こう」
「開館時は混雑するからと延ばした北斎記念館に行ってみない?」
「いいねえ」
こんなメールのやり取りで、昨日が主婦二人のゴールデンデーになりました。

その後らい太が調べたところでは、記念館は結構混むようで、夕方4時以降がいいようだとのこと。それではその前にどこか、ということになりました。「下町方面に行くのだから、柴又はどう?私は寅さんもだけれど、帝釈天に素晴らしい彫刻があるとのことで以前から一度行ってみたいと思っているのよ」これは私の発案。「行ったことがないし、いいね」、二人の意見が合いました。せっかく行くのなら、矢切の渡しもね。と計画しました。

柴又の駅を降りると、人人人・・・わ~い、混んでるねえ、と言いながら門前町を楽しみつつ、帝釈天に進みます。間もなくどっしりした山門が見えてきました。写真も撮りにくいほどの人でです。そのまま進むと本堂(帝釈堂)が見えてきます。立派なお寺です。笠智衆が出てきそうな雰囲気です。
下に本堂と、本堂の方から眺めた鐘楼の写真を載せます。鐘楼の下は蛾次郎が竹ぼうきで掃除をしていましたね。





お参りを済ませて、期待の彫刻を拝見に行きます。これがまあ、感動ものです。話に聞いて描いていた予想よりもはるかに立派な、職人芸です。素晴らしい芸術です。おまけに、よく見られるようにということで、通路を広げて、彫刻から人を少し離して、、その代わり彫刻に金網などかけずに、直接に見ることが出来るようにしてあるのです。満足いくほど拝見できました。法華経を題材に物語を彫ったものとのことです。
下に何枚か撮った写真をジフアニメにしました。らい太も大感激。上京してきたお友達に東京見物をせがまれることがあるけれど、今度はここに連れてこようと言っていました。確かに一見の価値は十分あります。



このお寺には庭園も素晴らしいのがあります。新緑、晴天と条件の揃った庭に、心が洗われました。





少し歩いて矢切の渡しに。川土手と、河川敷と、のんびりとしたいいところです。金八先生に出てきた川土手だねえ。寅さんが草むらで眠っていて夢から覚めて物語が始まったこともあったね。と話したことでした。

渡しはかなりの行列ですから、乗ることはあきらめました。写真一枚とってきました。



まだ北斎記念館見学までは時間があるからと、寅さん記念館と山田洋二ミュージアムに歩を進めました。テレビで流す映像、だんご屋とその裏のタコ社長の町工場などの再現、写真どれもどれも寅さんワールド、山田ワールドです。やはり名画なのですねえ。国民に愛された作品なのですねえ。皆さん懐かしんでいました。会場の寅さんを一枚とってきました。左には2階へ上がる階段が見えますね。





もう一度お土産屋さんの門前町を通り、せっかくだからお団子をいただこうよと一皿。駅前で来るときはあまりの混雑であきらめた寅さんの銅像を撮ってきました。



さあ3時です。両国の記念館に4時、ちょうどいいねと柴又は切り上げました。北斎記念館は、作品が小さいものが多く、目で見るにはいいのですが、薄暗く、写真にはなりませんでした。でも企画展は「てくてく東海道・・北斎と旅する五十三次」がテーマですから有名な富士山の絵は集められており、楽しめました。写真が無くてごめんなさい。

今日一日は主婦の休暇。晩御飯は作りませんと宣言して家を出ましたので、両国の駅近くで、佐渡の生きのいいお魚の鍋をいただきました。
時にはね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一途一心 | トップ | 息子Kの川の道ウルトラマラ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すいれん)
2017-05-06 10:23:43
寅さん映画大好きです。
だから柴又の方も行ってみたいな~と
思ってはいるのですが・・・・
帝釈天の建物は立派なものなのですね。
テレビでみて印象深かったです。
矢切の渡し・・・歌がきこえてきそうです。
充実した主婦の休暇になりましたね。
すいれん様 (おせっちゃん)
2017-05-06 14:48:18
なかなかいい一日でした。
帝釈天は見る価値ありのお寺でしたし、
町全体が寅さんワールド・山田ワールドでほのぼのと思い出しては、話が弾みました。渡しも良い風情でした。
柴又帝釈天 (あきこさん)
2017-05-06 20:31:04
帝釈天は混雑していても、細かな彫刻で感動をされたようですね。
沢山の物語が施されていて、どなたにも見る価値があるようですね。

北斎記念館にも立ち寄られてよかったですね。

両国に回られたのでしたか。
あきこさん (おせっちゃん)
2017-05-06 23:52:16
暮らしている山の手とは一味違った雰囲気ですが、一日いい体験をしました。
気の置けない妹とですから、くつろいで過ごしました。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL