おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

一途一心

2017-05-03 15:31:55 | 雑記
もう10日も経ったでしょうか、「徹子の部屋」に木村拓哉が招かれていました。新しく封切られる映画の宣伝を担っての登場のようでしたが、グループ解散については、双方触れずにの対談でした。

その最後の最後で、今からの抱負を聞かれたとき、「ドラマのセリフの中にあった言葉なのだけれど、とても心をうたれ、深く印象に残った言葉があった。今から進んでいく道の指針にもなると思った」と次の言葉をあげていました。

「一途一心」

ものを知らないというのは、情けなく恥ずかしいことですね。私はこの言葉を知りませんでした。
「へ~え、脚本家が新語を作ったか」と思ったことでした。念のためと「いちずいっしん」とネットに訊いてみました。はい、一発で語の半分も打ち込まないうちに説明文が出てきました。一人で顔の赤くなる思いでした。

「ひたすら」「ひたむき」という心の持ち方を言うようです。何事をなすにしても、ただひたすらにその道に精進してこそ、ことが成るのであって、そうすることによって生き甲斐も持てるのだということのようです。ひたすらに命をかけての努力精進を言う言葉なのですね。

そう聞くと、私の軽く使っている「一所懸命」と同じ言葉でしょうか。「一意専心」という言葉もありましたね。

そう言えば、「一生懸命」と言い習わし、書きもしてしまっていますよね。これでは意味が通じませんね。一つ所に命を懸けて物事に当たることを言っているのですから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛の負傷 | トップ | 主婦のゴールデンウイーク »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一途一心 (リョウ)
2017-05-04 19:34:17
私も初耳でした。ひたすら一つの事に心を集中させることのようですので一生懸命とはまた少し違った違った意味を持っているようですね。
また一つ賢くなりました。ありがとうございました。
こんばんは (すいれん)
2017-05-04 22:57:27
私も初めて知りました。
いい言葉ですね。
そうはいっても、そのように心がけるのは
難しいことですが・・・。
ただ、言葉を知って、座右の銘とはいかないまでも言葉を意識するのは大事なことかもしれませんね。
リョウ様・すいれん様 (おせっちゃん)
2017-05-04 23:56:13
一途一心。ひたすら、ひたむきに、向上していくこと、これが生きる道でしょうか。
一所懸命、少しニュアンスは違うかもしれませんが、生きていく指針となる言葉ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL