おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

ウオーキングの新常識

2017-07-17 12:55:24 | 雑記
今朝の「羽鳥モーニングショー」で、「ウオーキングの新常識」と題して特集していました。いつものことながら、朝の主婦は忙しいのです。今日は9時から町会の用事があったので、余計に急いで仕事を片付けていました。ながらみのながら見です。下に書くよりも、もっと内容があったのか分かりませんが、私の聞いた2点のみを書いてみます。
特集の講師を務めた方は、長年ウオーキングの量と健康の関係を統計的に調べた学者のようでした。

まず一点・・・一日1万歩は無駄。

常識のように言い習わされているのが、健康になりたいなら「一日一万歩」ということです。でも長年集めた資料からすると、一日一万歩は歩きすぎ。統計からすると、8000歩(約5キロ・80分)でいいと結論付けられる。
8000歩以上歩いても体力はつくが健康への効果はないという。それ以上は趣味でやるといい。またゴルフをやる方は、全てを歩くより、カートも利用するほうがいいという。歩きすぎると、疲労のストレスによって免疫力低下するほか、がんや動脈硬化・脳卒中のリスクが増加する、と結論付けられる。
80分のうち20分を速歩きにするのは効果的。
むやみにスピードをあげたり、手を大きく振ったりするよりも、意識して歩幅を広く(自分の通常の歩幅より握りこぶし一つ分広くするイメージ)することが大事。歩幅を広くすれば自然に腕を振るようになり、背筋も伸びる。

体力には個人差がある。一日8000歩と決めつけることはない。1週間単位で平均8000歩になればいいし、歩いていて「疲れた」とスピードが出なくなったら、それは無理な領域に入ったということ。意地を張って続けることは害になる。自分のその時その時の体調・体力に合わせて柔軟に考えるべき。

二点目・・・ウオーキングは朝は危険。

朝は空気もきれいだし、爽やかだし、一日の出発に適しているか、と夜明けから歩く人が多い。
でもこれは危ない。
身体の自然な営みで、朝寝起きは血圧が上がっている。血液も濃くなっており、言わばドロドロ血液になっている。その状態でウオーキングをすると、脳卒中や心臓発作を引き起こしかねない。
ウオーキングは朝よりは夕方がよい。

こうした説は、いろいろです。学者によって違う説が唱えられます。要するに、参考にしながら、自分に適している方法を自分で見つけて実行することなのでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漂流ポスト | トップ | スーパーでの風景 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウォーキング (あきこさん)
2017-07-17 19:24:56
ウォーキングは、一日1回午前中にされる方が多いですね。
夕方は何かとせわしなくて、世間では、「朝が健康にもよさそう」と、思われていますね。

万歩計で、1万歩がいいと広く知られているような気がします。
8000歩~いいのですね。
あきこさん (おせっちゃん)
2017-07-17 23:26:12
今日の講師は、健康への効果は8000歩もそれ以上も変わらない、8000歩を超える歩数はいわば無駄。かえって過労と言うストレスを生む可能性がある、と言っていました。

総長が危険とは!知りませんでした。びっくりしました。
あきこさん (おせっちゃん)
2017-07-17 23:27:31
あ、ごめんなさい。総長ではなく早朝です。
ウォーキング (リョウ)
2017-07-18 15:38:15
朝より夕方の方が良いといっても主婦の夕方は何かと忙しいですよね。
寝起きでなくてそれなりに水分を取ってと言うなら大丈夫でしょうかね。寝起きは確かに血液ドロドロのような気もしますね。

私はいろんなことを心してやはり朝のウォーキングになりそうです。情報ありがとうございました。
リョウ様 (おせっちゃん)
2017-07-19 23:35:37
早朝、寝起きがいけないのではないでしょうか。
私も夕方は無理です。
朝の主婦仕事を済ませて、9時~9時半、出発でやっています。
夫には、夏気温が上がってから歩くなんて馬鹿じゃあないの。日の出前に歩けば涼しいよ。と言われていますが今後は、ちゃんと理由があるのだと言えます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL