おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

おしゃべり会

2017-05-15 18:18:38 | 雑記
午後、Oさんと二人のおしゃべり会をしてきました。Oさんは高校のクラスメイトです。
メールもいいけれど、やはり顔を突き合わせて言葉をやり取りしてのお喋りは大事よ~、というのが二人の一致した考えです。「ねえ、会って心いくまでおしゃべりしようよ」と計画したのです。

ばあさん二人ですが、これがなかなか忙しい。結構予定が詰まっているのです。予定の中には医者に・・・というものもありますが。
先月末でしたかしら、二人の予定を突き合わせてとにかく日にちだけ決めてしまいましょうと15日が決まったのでした。

次は場所です。お互い家を訪問することは、引き受ける方の負担になるから、どこかでお茶をということで決まり。ただこれが難しいのです。とにかく心行くまでゆっくり喋りたいのです。ばあさんの頭に浮かぶのは、学生時代によくやった喫茶店での長居です。ところが近頃はそんな喫茶店は数少なく、見つからないのです。田園都市線沿線に住むOさんが、「下北沢までくらいなら行くわよ。そちらで見つからない?」と任されました。
探して歩いてみましたが、見つかりませんでした。

我が家の最寄り駅・東松原駅近くには、古い喫茶店があります。以前ほかの友人と行った時、かなり長居をしましたが、追い出されることもなく邪険にもされませんでした。「ただ古いのよね~。それでよかったらそこまで来てくれる?」「古くて結構よ、時間さえ与えてくれれば」ということで決まったのでした。

羽根木公園を散歩して3時前に喫茶店へ。
椅子はかなりの歴史もので、お尻の当たる部分がペッちゃんこになってバネが飛び出てくるのでは?と思われるほどでしたが、サービスは丁寧だし、追い出されることもありませんでした。
ケーキとコーヒーで粘って5時まで。
貴重な喫茶店でした。

キナ臭い世界情勢、平和がいかに大切なことか、戦争を知らない若い人にも、真剣に考えてほしいと。戦後の苦しい生活から、思い出話にも移っていき、最後は「でもねえ、こんな話をすると、我が息子が、ママは江戸時代の人か?と笑うのよ。理解しがたいのでしょうね」「戦争を知らない子どもたちにも平和の大事さは伝えなければ。私たちは、もう戦死してもいいけれど、子供、いや孫には戦争での命のやり取りはさせたくないよね」。心からのばあさんの思い。

時々会いましょうね。今日は月曜日でお休みが多いのでだめだったけれど、美術館などとおしゃべりを組み合わせてもいいわよね。ほかの人にも声をかけて。楽しい半日でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花展を観てきました | トップ | 春の植物教室・・・植物の自... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すいれん)
2017-05-16 10:08:01
気心が知れた友達とのお喋りは楽しいですね。
ひとり暮らしでは喋ることも少ないので
尚更にそういう機会は貴重です。
政治のことなど言いたいことを言ってストレス発散?
それも一種の健康法でしょうかね。
すいれん様 (おせっちゃん)
2017-05-16 15:06:55
こうした話題も単なる言いたい放題のストレス解消と言っておれれば幸いですが。
そんなのんきな成り行きでもないような。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL