おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

お宝

2016-10-29 13:45:49 | 雑記
お宝を受け取りに行ってきました。「お宝って?」と疑問に思われますか。
陶芸講習会を受け、器を作っていると、少し前のブログで書いたことがありました。ちゃんと焼きあがったらお見せすると勝手にお約束をしました。

それが今日窯出しの日でした。初めての作品ですから、形になればそれだけで儲けものといったところなのですが、そこはそれ、結構期待して受け取りに行ったのです。

はい、割れることもなく、ひび割れもなく無事に出てきました。釉は好き好きで皆さん別々なのですが、私は山口県の人間ですから「白萩」をかけていました。
こんなのが姿を現しました。



「萩焼」のイメージで思い描いていたより、白の強い出来上がりですが、窯の中で、隣の作品から色をもらったのでしょうか半分くらいが薄い青緑がかかって、味があります。気に入りました。「萩焼」といえば、貫入(表面の細かいひび割れ)と思いますがそれはありません。使っている粘土が萩焼のものではないのでできないのだそうです。



ひとところ、こんな小さな予期しないものが出てきました。先生がかえって面白いよ、とおっしゃってくださいました。

形の歪みは、手びねりの味と思ってくださいませ。

俳句をやっている方が、早速一句。
菊日和 思いどおりにならぬ陶土(つち)


半月間楽しみました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しいもの、観てきました | トップ | 益子焼・笠間焼 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待ちに待った窯出し (リョウ)
2016-10-29 20:26:15
素人にしてはあっ!と驚くほど素晴らしい出来上がりですね。お見事です
予期せぬ傷?もアクセントとなっていいと思います。
おせっちゃんさんはこれを使いますか? それとも飾っておくのでしょうか?
リョウ様 (おせっちゃん)
2016-10-29 23:42:17
過分なるお褒めのお言葉、ありがとうございます。
自分の手で(?先生の手が・・・)できたものと思うと、まさにお宝です。
焼き締まりましたけれど、お抹茶が点てられる大きさです。まず使い始めはお茶を点てて、あとは煮物なり、和え物なりを入れて普段使いかな。
焼きもの (あきこさん)
2016-10-30 14:40:10
いい色と色艶ですね、形もとてもいいではありませんか。

素晴しい最高の出来栄えと申しますか、素人さんとは思えません。
熟練を重ねたような作品に、羨ましくもなりました。
あきこさん (おせっちゃん)
2016-10-30 22:06:02
先生の手がほとんどですから。
自作とはとても言えません。
先生はもう20年以上もやっていらっしゃる方です。釜も自宅に持っていらっしゃいます。
おはようございます (すいれん)
2016-10-31 09:57:57
ま~、ステキ!風雅の趣きですね。
色が何ともいえずきれいですね。
ちょっとした窪みが、これがまた
いい味わいを出していますね。
これでお茶をいただくことになるのでしょうか。
格別に美味しいことでしょうね。
お宝だわ! (チーママ)
2016-10-31 12:08:38
いいものができたね~
焼き物って割れたらアウト~なんで、できを見るまでドキドキよねぇ
上の子1歳の時に、萩・津和野に行って・・・
淡い青緑がかったこの色がとってもよかったんで、5つ組で湯飲み茶わんを買ってきたの
ホントこの色だったよ~!
すいれん様・チーママ様 (おせっちゃん)
2016-10-31 16:12:18
我が家のお宝です。
先生のお助けで・・・なのですけれど、少しでも自分の手が入っていると思うと愛着がありますね。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL