おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

三角折り

2017-06-15 15:56:23 | 雑記
朝の主婦仕事をしながら、羽鳥モーニングショーを見る(聞く)ことにしています。
昨日のその中で「トイレットペーパーの三角折りは止めるべきか」と言っていました。

ある病院のトイレに「トイレットペーパーの先の三角折りは衛生面の観点からお止めください」と書いてあったのだそうです。それを見た人が、写真に撮ってFacebookか何かに投稿したのだそうです。瞬く間にそれが拡散して、「折る」「折らない」と話題になっているのだそうです。

番組では、灯を落として、特殊な薬品を吹きかけて、手についていた汚れがほらこんなに紙に移っていますよ。これがノロウイルスなどだったら、よかれとしてやった行為が、病原菌の拡散の手助けをすることになりますよ、と言っていました。

私は、細かい神経を持ち合わせない人です。折って出たことがありません。折ることが後の人に対する礼儀などとは思ったこともありません。これが折れていたといって気分がいいですか? 公衆トイレは、大抵のところが行列です。その人たちを無駄に待たせて折るかねえ、と考えるのが私です。
番組のコメンテーターも折る派折らない派が拮抗していましたが、結論としては

神経質になれば、汚れはどこにでもあるし、少々の汚れでいちいち病気になっていては、この世で生きてはいけませんよ。でも病院などでは確かに、折らない方が良いのでは、とまとまったようでした。

**********************




昨日わが家の台所の水道蛇口にこんな浄水器が付きました。長年ダスキンのハンドモップを使っているのですが、昨日は交換日でした。係りの人が「長年使っていただいたお礼に浄水器を付けて差し上げることが出来ますが・・・」というのです。
私の頭の中には蛇口の先にちょっとしたものを差し込むものをくれるのかと思い「じゃあ戴くわ、ありがとう」と言ったのです。
「取り付けておきましょう」とこんなものが付いたのでした。

水流を、普通の水が出る・浄水のフィルターを通った不純物(塩素やトリハロメタンなど)を取り除いた水が出る・洗い物をする時水が跳ねないように工夫したシャワーで出る・の三つのバージョンを使いこなすのだそうです。

お茶やコーヒーを入れる場合とか、お米を炊く場合とかはフィルターを通した水を使うと味も香りも違うのだそうです。
これまた神経の荒い私にはの見分ける繊細さがないと思われるのですが、。。。おまけに私は臭覚を失っていますし。。。
とにかくありがたく使ってみようと思います。

でも、係の人が去ってから考え付きました。
フィルターは交換が必要なのだろうな。きっと本体をサービスすると誘い込み、今から先フィルター代で稼ごうとするのかな、と。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近所で起こっていること | トップ | 頓馬なこと2題 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よく似た経験! (ちひろ)
2017-06-15 18:05:13
おせっちゃんさま、こんにちわ。
家ではガス会社がガスと電気セットで加入した時、5万円ほどするガスファンヒーターを差し上げるとの事、有り難く頂き冬場重宝しましたが、ガス代の高くつく事、ガスの使用量を増やす作戦に、乗せられた感じがしました。
今の時代、損して得取れでしょうか!
商売 (おせっちゃん)
2017-06-15 23:40:38
敵もプロですもの。商売は設けてなんぼ。
エビで鯛(でもないが)を釣られたかな?
トイレットペーパー (souu)
2017-06-16 10:49:27
このことは以前から言われていますね。
手を洗ってから折るのだったら良いのでしょうか?
只、食事に行って最初に そうしてあるとお掃除が出来ているのだと
思いますが 一度使用者があると折ってほしくないですね。

タダほど高いものはない?にならないことを願って・・
souu様 (おせっちゃん)
2017-06-16 14:58:15
折ってあるのを見てご苦労さんとは思っても自分では折るという意思は少しも思わぬ私でした。衛生面なんてこと、神経に障りもしませんでした。ただただご苦労さんと思っていました。

浄水器、してやられたかなあ。でもフィルター交換など契約したわけではないので、使って見て、たいして変わらなければことわって、引き取ってもらえばいいことかと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL