おせっちゃんの今日

平凡な主婦の平凡な日々のあれこれ帳です。
自分への応援歌でもあります。

男のプライド

2017-07-06 07:39:15 | 雑記
昨日の男女同等を書いていて、次のようなことがあったと思い出しました。

毎年10月に母校山口県立H高校の同期会(東京近辺)が開かれます。出席者が少しずつ減る傾向にあるのは寂しいことですが、40人前後が集まるのです。
その時の会費のことが幹事を引き受けたものの間で話題になります。
「男女の会費に差を付けなければいけないのかしら」
「うん、それが決まりのように、そうなっているね」
「男でも飲まない人もいるし、女だって負けずに飲む人もいるよ」
「平均的に見て、女の方が早く結婚して、早くに子供が自立して学費もかからなくなっているよね。男の人は今、一番子供にお金のかかるときじゃあないの」
「同じ金額でいいんじゃあないの」
もう何年か前、私が幹事を受けた時こんな会話がありました。

お食事の席を回りながら、何人かの意見を聞いてみました。女性の大方の人が
「同じでいいんじゃあないの。私飲むからその方がかえって気兼ねがないわ」と答えました。
男の人は
「え?そりゃあ少しでも差をつけてくれなくっちゃあ。なんといっても男の方が飲むよ~。同額では肩身が狭くて飲めないよ」
「そ~お、女だって飲む人は飲みますよ~」
「いやいや、男のプライドというか、意地を取り上げないでよ。男は精一杯頑張っているんだからさあ」
「そんなことでプライドを持ちだすかねえ。やっぱり男の方が偉いと思うわけ」
「いや、そうではないんだけれど、男の存在の証明」
「ふ~ん」

80目前のじじばばの集まりです。口角泡を飛ばして突き詰めた議論にはもちろんなりませんし、女が「見下されている」と、腹も立てはしません。
そうか、男はやはり、見栄を張るのだ、女に差をつけていたいのだ。いいよいいよ、少し沢山払って、いい気持ちで飲んだら~。女は手のひらの上で転がして笑うのです。

今年も案内状が来ています。500円の差がつけてあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼と同等 | トップ | 気温差に弱い? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
プライド (souu)
2017-07-06 17:25:40
今の若い人は こんな考えではないような気もしますが
我々世代は そう思うのでしょうね。
お隣の娘さんが先日帰省されたとき言われていましたが
外食すると父が支払わないとダメだと思っているようで
モタモタしているのを見かねて支払うと機嫌が悪いので
最近は払ってもらってます、と。
こんばんは (たにむらこうせつ)
2017-07-06 20:23:31
男は見栄で生きている所があります。
プライドと言うと格好いいですが、
やっぱり見栄ですね。
私はなるべく素で生きたいと想っています(^-^)
souu様 (おせっちゃん)
2017-07-06 23:43:30
そうですね、現代人はどうしているのでしょうね。
我が家は8月、娘一家が上京してくると、息子の家族も呼んで、一族で食事会をします。私が家事費の中から、毎月1万円積み立てています。
お店での支払い、私がしてもいいのですが、夫のプライドもあろうかと、前もって12万円渡しておき、任せます。
そうです、もたもたするのです。ですから今年からは。息子を幹事に任命して、支払い事務はさせようと思っています。
たにむらこうせつ様 (おせっちゃん)
2017-07-06 23:48:45
女が、内情は苦しくても、なんとか身を飾りたがる心理に似ていますかしら。意地を張り、見栄を張りも、確かに心の張りにはなりますね。
適当にやりましょう。
こんにちは (すいれん)
2017-07-07 12:43:02
男のプライド、私は「結構じゃないですか」といった感じで一種可愛らしくみえますけどね。
女性からすれば「無理しちゃって」ともみえるところもご愛敬のような・・・・・?
いま書きながら父や夫の姿が浮かんできました。
ただ、娘たち夫婦をみていると違ってますね。
時代の違いがあるでしょうかね。
すいれん様 (おせっちゃん)
2017-07-07 21:30:02
500円や1000円で気のすむプライドなら笑って払ってもらいましょう。
今の若者の集まりはどうしているのでしょうね。

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL