2015年11月「蘇我運転会」報告

2015-11-05 14:02:04 | 投稿記事

2015年11月「蘇我運転会」報告
穏やかな秋空の下、ゆったり運転会
会員番号31-117
岸田  弘

11月の「蘇我運転会」は、1日(日)に「花の駅そが」で開催されました。10月は月初の定例運転会を無くし、25日の「ちばまつり」に参加したため、この日は「ちばまつり」の一週間後という、変則スケジュールとなったため、参加メンバーもお客さまも少なくなってしまいました。


少ないメンバーでゆっくり楽しむ


朝礼では、「『ちばまつり』で、1,400人を超える運客を行ったこと/3両の列車が同時乗車、後続運転、同時下車方式で、本線上の待機を無くした結果、スムーズな運行が出来たこと」などが報告されました。


抜けるような青空の下、ミーティング


蘇我運転会の運客の主役N700系新幹線は、仲間のイベント用に貸し出し、そこでトラブルが発生。戻ってきた車両を武田さんが運転前にチェックしたところ、コントローラーのフューズ切れのようで、この日は運休が決定。武田さんは「お手上げ」のサインを送っていました。


新幹線は故障チェックの結果「お手上げ」に


ということで、メンバーの持込み車両だけで運客を担うことになるのですが、5吋機は大西さんのBR24と守田さんのT5風だけ。


午前中は、大西さんのBR24が担当。穏やかの秋空の下、多数の乗客が来ると予測していたのですが、幸か不幸か、10月の変則運転日の影響で、お客さまはいつもの半分程度。一番列車は、一家族3人だけとなりました。


一番列車は家族3人の笑顔を乗せて


毎回、運転会の都度新しいヘッドマークを披露してくれている西本さん(C62)は、今月は「梅小路機関区のかもめ」を持参。丁寧な加工のヘッドマークが、ひときわ輝いていました。


「梅小路のかもめ」を付けて/西本(C62)さん


子供たちの笑顔を乗せて/大西(BR24)さん


乗客と参加機関車が少ないことを幸いに、原則運客をしない自由走行線の内周線で、3.5吋機による運客を試みました。次にお乗りいただくお客さまだけを内側に案内し、一層の安全確認をしながらの運客です。


3.5吋といえども強力なパワーを持つ西本さんのC62は、適度の負荷を得て力強く走り続けます。何よりも西本さんが運客の緊張を楽しんでいたのが、印象的でした。


内周線でも運客開始/西本(C62)さん


午後は、7月の八王子運転会報告で紹介した守田さんのT5風機が運客を担います。この機関車「OSのパーツを使いながら、ボイラー・弁装置・ロッド類は製作者の自主設計」というもので、軸動ポンプのロック等のトラブルを抱えていましたが、守田さんが「3度目の正直」と言ってシリンダーの磨き上げを徹底して参加。見事、午後2時間の連続運転の役割を果たしました。「図面等がない中で、構造等が分かってきた」と、トラブル解決を楽しむ守田さんの笑顔が見られました。


午後は、守田さんが運客を(T5風)


午後の内周線での運客に責任を感じていた馬場さん(C62)は、本線入線を急ぐあまり、十分な火床が出来ず、何度か電動ブロアーのお世話になり、運客はできませんでした。


馬場さんのC62は、運客を断念


この日の運客は535名。穏やかの秋空の下、内周線を使った3.5吋機関車による運客も試しながら、ゆったりとした運転会が出来ました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月宇和島運転会 | トップ | 2015年11月関東支部「八王子... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。