2015年1月関東支部「八王子運転会」報告

2015-01-24 17:57:00 | 投稿記事

2015年1月関東支部「八王子運転会」報告
仲間と家族の笑顔が広がる、新春運転会
会員番号31-117
岸田 弘



1月の八王子運転会は17日(土)に開催されました。
今年初めての運転会に、11組17名のメンバーとその家族が集いました。

新春 初顔合わせ


清水さんは愛機C56の煙室扉に、かわいい正月飾りを付けての参加です。ブロアーは20φ程度のパイプに4連の電動エアポンプで送風・吸引する、低騒音でスマートな優れもの。ポンプ部分は試作段階とのことで、完成後、改めてご紹介したいと思います。

正月飾りで新年を寿ぐ(清水さん・C56)


 フォートラックシェイで参加の矢島さんも、手づくりの正月飾りを取り付け、磨き上げた車体「3連の縦型シリンダー/コネクティングロッドの複雑な動き/水平のドライブシャフトから8軸に伝えるベベルギヤ」のメカニカルな動きを見せながら、ゆっくり走り回ります。

シェイに正月飾り(矢島さん)


一方ではトラブルも。石川(安)さんのEB10が、上り勾配終点のポイントで突然脱線。矢島さんと吉岡さんが事故調査員として早速検証を始めます。どうやらトングレールとリードレールの継ぎ目にフランジが乗り上げた様子。

事故調査員が現場検証


武田さんが自機コッペルのボイラー検査を始めると、軸動ポンプ付近から水漏れが。これも早速勝手連の調査員が集まって原因を探ります。機関車を運搬箱に乗せて下から覗くなどをしましたが、結局はサンドボックス上の、注水口の締め付け不足と分かって一件落着。この部分を一部改造していた武田さんは苦笑いです。

水漏れ箇所を探る

原因が分かって思わず苦笑


孫を鉄ちゃんに育てたい鶴見さんは、お孫さんが石川(安)さんのパンタグラフに興味を持ったことを喜び、笑顔で説明を続けます。その後、BR24にお孫さんを乗せ、レイアウトを周回。石川(安)さんも、EB10に乗せ鉄ちゃん育成のお手伝いです。

孫の興味に、鉄ちゃんへの期待

期待の孫と一緒に(鶴見さん・BR24)

孫の育成をお手伝い(石川(安)さん・EB10)


ブリティッシュグリーンの美しいドルテで参加の大山さんは、小さな乗用車両にお嬢さまとお孫さんの家族を乗せて、満面の笑顔。家族で楽しむライブの喜びを見せてくれました。

家族の笑顔を乗せて(大山さん・ドルテ)


八王子レイアウトは、8の字を内側に折り畳んだレイアウトになっているため、東側に並走区間があります。この日は、町さんのBR24と、吉岡さんのT5改8100の併走が、タイミングよく見られました。

併走を楽しむ(町さん・BR24/吉岡さん・T5改8100)


国鉄なっぱ服で参加の佐藤(透)さん(ワダ・コッペル)は、この日、最高気温9.7℃の中、さすがに寒そう。冬は焚口のあるキャブ内に入れると良いのですが…。

なっぱ服はつらいよ(佐藤(透)さん・コッペル)


皆、思い思いに運転を楽しみながら、今年も仲間と家族の笑顔が広がる、素敵な運転会が始まりました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正月法隆寺運転会 | トップ | 2015年2月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。