2017年2月関東支部「八王子運転会」報告

2017-02-21 15:35:53 | 投稿記事

2017年2月関東支部「八王子運転会」報告
満開の梅に迎えられて
会員番号31-117
岸田 弘


2月の八王子運転会は、2月18日(土)に開催されました。東京地方の最高気温は前日20℃を超え4月並みの暖かさでしたが、当日は12℃と真冬に戻り寒暖の差が激しい中での開催となりました。

参加者はメンバー7名と見学者4名とちょっぴり少ない感じでした。


寒さの中、元気に集う


この運転会場の春を告げる花、紅梅と白梅はちょうど満開。梅の林を抜けて、石川(安)さんのトーマス+EB10がポイント等の施設点検に走り回ります。


施設点検中/石川(安)さん(トーマス+EB10)


きれいに咲いた白梅の枝越しに、大島さんのグリーンのコッペルが、快調に走り抜けて行きました。


梅林を抜ける/大島さん(コッペル)


冬の寒さの中、参加した見学者の一組が栁町さんのお孫さん家族。早速栁町さんが自分のトーマスに誘いますが、2歳のお孫さんは、石川(安)さんのトーマスを指定。仕方なく栁町さんは、孫家族の写真撮影に…。パパの運転で石川さんのトーマス列車の出発です。何度か周回し、運転会の雰囲気に慣れたころ、やっと栁町さんのトーマスに乗ってくれました。


孫の参加を喜んで/栁町さん


孫が選んだのはもう一台のトーマス


やっと孫と一緒に/栁町さん(トーマス)


プレートガーターを渡る/石川(安)さん(トーマス+EB10)


岸田の小田急10000型は、冬仕様で、先頭車のみの参加。紅梅の大木をバックに写真撮影です。


紅梅の大木をバックに/岸田(小田急10000型)


佐藤(猛)さんは、T5で参加。ダブルスリップとクロスが続く線路上を笑顔で通過して行きます。


ダブルスリップとクロスを渡る/佐藤(猛)さん(T5)


大島さんは午前中コッペルでたっぷり走り回ると、さっさと収納。昼食後は、ED210を取り出して2台目の走行。


2台目はED210/大島さん


手軽な車両で運転を上手に楽しんでいました。

この日岸田からは、OS片岡様に確認した情報として、「開発中の3.5吋木曽のボールドウィンBIは、3月末発売開始/価格未定/詳細仕様等発表次第会員にメールやハガキなどで先行連絡する/予約受付中」の話題を伝えました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年2月法隆寺運転会 | トップ | 2017年3月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。