2015年10月関東支部「八王子運転会」報告

2015-10-20 13:35:22 | 投稿記事

2015年10月関東支部「八王子運転会」報告
土砂降りの雨雲をブロアーで吹き飛ばして
会員番号31-117
岸田  弘

10月の八王子運転会は、17日(土)に開催されました。8月・9月は暑さを避け夏休みとしていたため、3ヶ月ぶりの運転会でしたが、関東地方は朝から雨。「関東の運転会は雨で中止にならない」の強運を信じて自宅を出ましたが、途中、中央道の三鷹料金所から国立ICの間で、ワイパーが間に合わないほどの土砂降りとなり、「今日はダメか」と覚悟を決め運転会場に到着。既に5人のメンバーが来ており、枕木交換作業用のテントの中で、イギリス出張中に古橋さんが撮影した保存鉄道「ミッドハンツ鉄道」のビデオを見ながら雨の様子をうかがいます。スマホで雲の流れを見ると、昼頃までは次々雨雲が来る様子。


土砂降りの中でも集まった勇者達


テントの中でミッドハンツ鉄道のビデオを見る

雨が弱くなった頃に清水さんが、「何とか試運転だけしたい」と、廃油で中古農機具から外したエンジンを回し、発電した電気で車両を動かす「バイオディーゼル発電機」を積んだ車両を線路に乗せ、試運転を始めました。この日は天ぷら油だそうで、見事にエンジンも車両も動きましたが、燃料と排ガスはエコでも、その騒音は環境に優しくないようです。


廃天ぷら油での走行テスト成功(清水さん)

このような中で、雨が小降りになったのを見計らって、武田さんがブロアーで落ち葉掃きを始めました。「ブロアーで雨雲も吹き飛ばして…」と声を掛けると、見事に雨が止んできました。10時40分に蒸気機関車組が車両を降ろし、運転の準備を始めます。


落ち葉と共に雨雲も吹き飛ばす


10時40分 車両を降ろし運転準備開始

佐藤(透)さんのS6は、7月に完成したというカブースを引いて走り出します。手早く車両を作り続ける佐藤さんに敬服です。


新たにカブースが完成(佐藤(透)さん)

いつも蘇我に置いてある武田さんの5両編成N700が、八王子レイアウトに入線。ヘッドライト・テールライトの点灯や電磁ブレーキ等の加工について様子を確認していましたが、林間を走る長編成新幹線もいいものです。


N700・5両編成八王子に入線(武田さん)

古橋さんの8600も、ドラフトやドレインの白い蒸気を上げながら、快調に走り回っていました。寒くなるこれからの季節、この風景が蒸気機関車らしく楽しみですね。


白い蒸気を上げながら(古橋さん)

来週、地域のイベントで「ミニSL運行」を頼まれている吉岡さん(T5改4100)は、整備した軸動ポンプ等の確認に余念がありません。豪快に安全弁を吹きながら走っている様子から、問題はなかったようです。


豪快に安全弁を吹いて(吉岡さん)

午後には雲の切れ間に青空が見える程で、往路の土砂降りからは想像のできない天気となり、無事運転会を終えることが出来ました。武田さん、ブロアーで雨雲を飛ばしてくれて、ありがとうございました。


雨上がりを確認して(岸田)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月法隆寺運転会 | トップ | 10月法隆寺運転会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。