2016年2月関東支部「八王子運転会」報告

2016-02-22 13:43:25 | 投稿記事

2016年2月関東支部「八王子運転会」報告
天気急変に戸惑いながら
会員番号31-117
岸田  弘

2月の八王子運転会は、14日(日)に開催されました。この日の天気予報は「関東地方は風が強く昼ごろまでは雨。午後は春の暖かさ」と春の嵐で荒れる予報。「関東支部の運転会は、雨で中止にならない」のジンクスを信じて、小雨の中自宅を出発しましたが、すぐに激しい雨に。引き返すことを考えながらも「行けば誰かに会える」と中央道を八王子に向かいました。運転会場には古橋さんがただ一人。リアゲートを開けたまま空を見上げていました。


春の嵐の影響で参加者は少なく


立春を迎え、庭内の一部の梅は満開です。


一部の梅は満開に


9時前には武田さん、石川(安)さんも到着。小雨の中、古橋さんの携帯で「ヤフー雨雲情報」を確認すると「9時35分に濃い雨雲が到着、10時30分には通過」の予測。雨雲の通過するのを待つことにし、10時頃から古橋さんと岸田は車両を下し、運転準備を始めました。10時20分頃古橋さんが火入れを開始した時は薄日が差すまでに。…でも他のメンバーは腕組みをしたままです。このような中、古橋さんの8600が調子よく周回を始めました。


雲行きをチェック


様子見の間に日差しが!


ドラフトに包まれて/古橋さん(8600)


雨が上がったのを確認して、石川(安)さんが「半分に分割した未塗装のN700先頭車」を下し、組み立てを始めました。4年前OSからの発売と同時に購入、乗用車タイプのワゴン車への積載のため、分割方式を採ったものと同じ方式とのことでしたが、「今回、切断には『ミニパネルソー』を使い、嵌合部は『アルミとプラスチックの複合材』を使った」とのことで、前回のものに比べ、切断面が気づかないほど綺麗で、しっかりと結合できていました。早速レールに乗せ、テスト運転をしていましたが、塗装前の艶消しのダークグレーのボディの光沢は、覆面車両のような魅惑的な輝きを見せていました。この思い切った先頭車両の2分割方式により、先頭車両2両と中間車両1両の計4両分のボディと8個の台車が、見事にコンパクトカーの荷室に収まるようになっていました。


N700結合の結果を確認


覆面車両?完成が楽しみ/石川(安)さん


分割の効果。新幹線4両がコンパクトカーに


岸田は小田急10000型2両編成で参加。咲き始めた梅の木々の間を通り抜け、観梅特急の雄姿を見せていました。


観梅特急/岸田(小田急10000型)


「ヤフー雨雲情報」の通り、10時30分頃には雨も上がり、日差しと共に気温がどんどん上がり、24℃程度までになるという何とも不思議で戸惑う天候でした。ジンクス通り「雨で中止にならなかった」ものの、朝の雨で出足が鈍り、参加は佐藤(透)さん(ワダコッぺル)、町さん(トーマス)、武田さんに留まり、コンパクトな運転会になりました。武田さんには岸田の小田急10000型を運転いただき、ロマンスカーらしいポジションからの写真が撮れました。


森林を行く/佐藤(透)さん(ワダコッペル)


大人のトーマス?/町さん


春の日差しを浴びて/武田さん


これから春に向かうので天候に恵まれ、家族連れの参加も増えることを期待しています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年2月「蘇我運転会」報告 | トップ | 平成28年2月法隆寺運転会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。