2016年1月関東支部「八王子運転会」報告

2016-02-12 11:41:45 | 投稿記事

2016年1月関東支部「八王子運転会」報告
好天と沢山の参加者でスタートした2016年の運転会

写真・原稿素案
会員番号31-102 鶴見克則

まとめ
会員番号31-117 岸田 弘


2016年最初の八王子運転会は、1月17日(日)に開催されました。最高気温は9℃と低いものの、写真のような青空の下、関東支部の運転会に相応しい好天に恵まれ、メンバーとその家族23人が集まりました。(翌朝は雪となり、東京近郊の交通機関が大混乱するとは予想もできません。)

年始の運転会は大盛会


しばらくEB10+トーマスや新幹線N700で参加していた石川(安)さんは、久し振りにC21で参加。走り初めにボイラーテストを実施し、結果は合格。
矢野さんはコッベルの先頭に正月飾りを付けて参加。毎年、手づくりの飾りつけを楽しんでいます。その横の本線を、佐藤(透)さんのワダコッベルが通過して行きます。

まずはボイラーテストを/石川(安) さん (C21)

お正月飾りをつけて/矢島さん(コッペル)


清水さんはドルチェに1歳4ヶ月のお嬢さんを乗せ、ライブの乗車デビューです。パパの笑顔から、「鉄女へ育て」の期待がうかがえます。

お嬢さんデビュー/清水さん(ドルチェ)


町さんはBR24で走り初めを。ドラフトとドレインの白い蒸気を吐きながら、本線に向かいます。

機関区を出発/町さん(BR24)


いつも世話焼きで自分の車両を走らせることが少ない武田さんは、コッぺルで快調に周回。笑顔で赤い鉄橋を渡って行きました。

上りこう配を快調に/武田さん(コッペル)


大山さんはトーマスのお面をつけたドルチェで参加。小型機関車には厳しい上りこう配を、白い蒸気に包まれながら登ります。「冬こそライブ!」の楽しみが伝わってきます。

冬こそライブ!/大山さん(ドルチェ)


先月、エンジン発電機の電気で2層式洗濯機の洗濯槽モを回し、トビーを走らせていた佐藤(猛)さん。今回は、シャフトの細い(小径ギヤが付けられる)脱水機用モーターに交換し、スロー運転ができるように改良しての参加です。ジャンク部品を活用しての工夫と作業を楽しむ佐藤さんですが、トビーのボディを被せれば、これがジャンク部品の寄せ集めで走っているとは思えません。

低速運転のためモーターを交換/佐藤(猛)さん(トビー)


いつものこだわりの有煙炭使用から、先月無煙炭を経験した古橋さん(8600)。年初めは無煙炭で顔を煤けることなく走り回り、笑顔を見せていました。

今月も無煙炭で/古橋さん(8600)


加納さん、鶴見さん、長島さんは手ぶら参加組。町さんのBR24を借りて、「お手軽運転」を楽しんでいました。
今年も、メンバーそれぞれの楽しい運転会が始まりました。

青空の下で/佐藤(透)さん(ワダコッベル)

町さんのBR24を借りて①/加納さん

町さんのBR24を借りて②/鶴見さん

町さんのBR24を借りて③/長島さん


※本稿は、当日所要で参加できなかった岸田に代わって、鶴見さんが写真撮影と原稿原案を作成。これを元に岸田がまとめをしました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年正月法隆寺運転会 | トップ | 2016年2月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。