2017年7月関東支部「八王子運転会」報告

2017-07-12 17:34:13 | 投稿記事

2017年7月関東支部「八王子運転会」報告
真夏日の運転会は粛々と
会員番号31-117
岸田 弘


7月の八王子運転会は9日(日)に開催されました。福岡県朝倉、大分県日田地方を襲った九州北部豪雨の被害が伝えられる中、関東は連日猛暑が続きます。この日の八王子は33℃の真夏日ということで、参加者も少なくコンパクトな運転会となりました。


■真夏日に集う


何よりも熱中症に注意しながら、ゆっくり作業を進めます。
ということで、車両を降ろした後は、木陰で小休止です。


■車両を降ろして小休止


強い日差しの中、石川(安)さんはいつものように「EB10+トーマス」で、線路の巡回点検に出動。3年前から始めた木製枕木の交換を完了し、快適な保線環境が実現しています。枕木交換は結局、主に武田さんと石川さんに頼る結果になってしまいました。ありがとうございました。


■巡回点検中/石川(安)さん(トーマス+EB10)


友人が見学に来られるという吉岡さん。T5改8100を快調に走らせながら、友人の到着を待ちます。


■緑陰を行く①/吉岡さん(T5改8100)


この運転会場は、梅とツツジが大量に植えられ、ほとんどが木陰になり夏にも嬉しいレイアウト。この中を大山さんのドルテが走り抜けます。


■緑陰を行く②/大山さん(ドルテ)


国鉄型8.4分の一の小海線C56で参加の佐藤(正)さん。水面計のパッキング交換やバルブ調整、レギュレーターの調整等を終え、その結果を見るための参加とのことでしたが、機関車を囲んでの話に花が咲きます。走行の結果は「軽くスムーズに走るようになったと」大満足の様子。長い登り勾配を快調に登って行きます。


■機関車を囲んで談笑



■登り勾配を駆け抜ける/佐藤(正)さん(C56)


岸田は積み下ろしの楽な長崎電軌3000で参加。コンパクトな3連接車両が、市街地でなく森の中を走ります。


■ツツジの間を抜けて/岸田(長崎電軌3000)


30℃を超える暑さの中、走行はそこそこに「JR北海道の経営・保線の苦労・廃線問題から青春18切符での旅話」等々、木陰での談笑が断続的に続く楽しい運転会でした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年6月関東支部「八王子運... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。