2015年2月「蘇我運転会」報告

2015-02-16 11:30:04 | 投稿記事

2015年2月「蘇我運転会」報告
好天と寒風の中で
会員番号31-117
岸田 弘


2月の「蘇我運転会」は、11日(水)に「花の駅そが」で開催されました。

1月第一週は松の内ということで開催がなく、今回が今年初めての蘇我運転会になります。

この日は、外気温8.8℃。雲一つない青空が広がりましたが、放射冷却と強風で体感温度が下がり、厳しい寒さの中での運転会となりました。


寒風の中、沢山のメンバーが


今回、千葉工業高校の生徒さん6人が、卒業製作で造り上げた総武線クハ113をもって参加。本格レイアウトでの初走行をしました。聞くところによると、「受験勉強の合間と少ない小遣いという、限られた時間と予算で造った/先輩は校内の独自規格の線路に合わせ製作していたが、今回初めて5吋規格で製作した/側板等はレーザーカット、台車は内側フレームに1軸1個のマブチモーター」等々、機械加工実習の集大成で製作を進めてきたということでした。


まずは、完成に敬意を表して全員の写真撮影をした後、レイアウトを走らせてみると、バックゲージの規格を知らずに製作していたため、ポイントでの乗り上げに気付いたり、モーターのギア比を150:1としたため、走行するとスピードが出ないことや側板の製作が先行し、後から車体躯体を造ったために、側板にゆがみが出たり等、課題もたくさん見つかったようです。結果的に、機械加工を始める前に、規格の理解や構造設計等の基本計画が大事であることを理解したようです。


卒業製作機に乗って


ゆっくり走行


この日の運客線は、寒さと強風でお客さまも少なく、始発列車のN700系の乗客は1組4人。仕方なく、メンバーも乗り込み楽しさをアピールします。SLは、午前中は成田さん(C21)、午後は守田さん(C21)が大奮闘。厳しい寒さの中で、連続運転をしていました。


一番列車にはメンバーも


午前中の運客は成田さん(C21)


午後の運客は守田さん(C21)


自由走行線では、西本さんのC62が安全弁を吹きながら、奥さまを乗せて快調に走ります。


安全弁を吹きながら/西本さん(C62)


久しぶりにブリタニアで参加の吉岡さんも、しっかり防寒具に身を包み、雄姿を見せていました。


快走・ブリタニア/吉岡さん


昼食前に、参加者全員の写真を撮影。その後レストランのテラス席のテントを強風を避けて収納し、温かい日差しの中で食事と談笑を楽しみました。


抜けるような青空の下、集合写真


日の当たるテラスで昼食

 
午後からは、馬場さんのコッペルを生徒さんに運転してもらい、小さな機関車が力強く走るのを体感することで、運転の楽しさを知ってもらいました。ミニ鉄道は、機械加工の楽しさ以上に、走らせる楽しさがあることを実感してもらえたようです。これを機に、ミニ鉄道の仲間に加わることを期待しています。


親子で楽しむ/石川(剛)さん(C62)


ライブの楽しさを体感


この日の運客は589名。暖かい春が待たれる一日でした。

 


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年1月関東支部「八王子運... | トップ | 2015年2月関東支部「八王子運... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。