2015年12月「蘇我運転会」報告

2015-12-11 15:41:48 | 投稿記事

2015年12月「蘇我運転会」報告
年末の運転会を楽しむ
会員番号31-117
岸田  弘

12月の「蘇我運転会」は、6日(日)に「花の駅そが」で開催されました。今年最後の運転会とあって、見学者を含め17人が参加しました。


2015年最後の蘇我運転会に集う


朝礼では、理事長の石川(進)さんから、「運転場は今後も継続して使えることになった/建物の利用法やテナントを探し、トイレ等を使えるようにしたい」との、明るい見通しの報告がありました。


ミーティングでは、明るい見通しが


大西さんは、ポーター(弁慶)を持参、「初めてのライブとして2004年夏に購入/2005年正月に法隆寺レイアウトでデビュー/みんなが集まって来て、火入れから教えてくれた/2月には奥さまを連れて参加し、初めて乗せた」と、ライブ入門時の楽しい思い出を語ってくれました。その後、「周りの5吋機が楽々運転しているのを見て、S6を購入/(ポーターに比べ)ライブってこんなにやさしいのかと知り、ポーターはお蔵入りになっていた/今回OSで全検したので持参した」と話しながら、蒸気上げを完了。本線を快調に走り出しました。その後、エンジンとテンダーを繋ぐホースが何度も外れます。その都度ハンドクレーン?で気軽に持ち上げ、守田さんが持っていた結束バンドで何度か締め付けましたが、ホース硬化のためか改善しません。とはいえ、ヒョイと持ち上げ下回りの点検修理が出来る3.5吋の良さを再発見したようです。


ライブ入門の記念機「弁慶」を楽しむ/大西さん(ポーター)


今年ヘッドマークづくりに熱中した西本さんは、ついに「つばめ」をつくり上げました。つばめマークの中の文字は、象嵌技法によるもの。銀色のマークの中に金色の文字が埋め込まれ、苦労(本人にとってはこだわりの楽しみ)の後が、うかがわれます。


トラブルにはハンドクレーンで緊急対応


つばめのヘッドマークを輝かせて/西本さん(C62)


大石さん(C21改C57)は、ドームの横に、小さな汽笛を追加工していました。運転席の弁を開くと蒸気で鳴ります。実機の雰囲気が出て、楽しい加工です。午前中は運客線の主力機として大活躍。午前の運客終了後、奥さまを乗せての写真を撮らせていただきました。


ドームの横に小さな汽笛が/大石さん(C21改C57)


運客を終えて奥さまサービス/大石さん


昼食時には、OS提供の景品の抽選会を実施。年末の運試しを楽しみました。


午後は、馬場さんのC62の入線に合わせ、西本さんのC62にも再度火入れをしていただき、C62の重連風の写真を撮らせていただきました。3.5吋機は、間に乗用台車が必要なため、完全な重連にならないのが残念です。


C62重連/西本さん+馬場さん


また、石川(剛)さんもポーター(弁慶)を持参。5歳の息子さんが上手にレギュレーターを操作し、快調な走りを見せていました。親子孫と3世代続くライブファミリーの微笑ましい姿です。


5歳の隼くんの運転で/石川(剛)さん(ポーター)


この日、「吉本興業のお笑いタレント/鉄道好き芸人」として知られる鈴川絢子さんが、1歳の息子さんを連れて、蘇我ミニトレインクラブの活動を見に来てくれました。ご主人が熱心にビデオ取材をされており、翌朝にはYouTubeでアップされていました(※)。子供と母親の目線でミニ鉄道の乗車を楽しむ様子が、6分続く楽しい作品です。


鈴川絢子さんも来場して取材と乗車


この日の運客は784名。温かな日差しのあった午前中は、乗客も多く、武田さんの新幹線N700、大石さんのC21改C57、古橋さんの8600、内周線では西本さんのC62がフル活躍。午前中だけで521人の運客をしました。


運客を楽しむ/古橋さん(8600)


友人のお子さまを乗せて/大島さん(ED201)


以上


※鈴川絢子さんのYouTube、「蘇我ミニトレインクラブに行ってきました」は、https://www.youtube.com/user/suzukawaayakoのHPでご覧いただけます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月法隆寺運転会 | トップ | 2015年12月関東支部「八王子... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。