2015年2月関東支部「八王子運転会」報告

2015-02-18 13:13:31 | 投稿記事

2015年2月関東支部「八王子運転会」報告
2時間30分の運転会
会員番号31-117
岸田 弘


2月の八王子運転会は8日(日)に開催されました。

この日の天候は、数日前から「太平洋沿岸に沿って低気圧が通過、関東地方の平野部も広く雪」と予報され、メンバーが登録するフリーメールでは、清水さんが「前日にロータリー除雪車で、進入路を除雪します」とか、石川(安)さんが「進入路の下り坂が凍結した場合は、危険なので直前に状況をメールで知らせます」等々、ありがたい情報が交わされていました。

前日の予報で雨に替わりましたが、当日は曇り。関東支部の「運転会は雨で中止にならない」のジンクスを期待して、8組10人のメンバーと2人の見学者が集まりました。


寒さにもめげず


石川(安)さんは、踏切センサーを無線化し、その設置と動作の確認を始めます。得意の「設備機器の設計と製作技術」を生かして、蘇我では「レールにセットしたSWで列車の通過を検知し、有線で踏切警報器に伝えていた」ものを「無線で検知し、その信号を無線で踏切警報器に送る」ものに進化させたものです。通過センサーの発信機と反射板の位置を調整し、見事動作の確認が出来ました。


無線センサーを設置


作動を確認(石川(安)さん)


大島さんは手軽な電動機ED210で参加。お嬢さんの運転でレイアウトを周回していました。


真冬は手軽な電動で/大島さん(ED210)


「午前中は運転、昼からは子育て」と言って参加の清水さんは、大きな罐のC56で、真っ白なドラフトとドレインを豪快に吹きながら、真冬の運転を楽しんでいました。


真っ白な蒸気を豪快に吹いて/清水さん(C56)


奥さまと参加の大山さんも、ブリティシュグリーンのドルテで、ドラフトとドレインの蒸気をなびかせてご満悦。罐が小さい分、圧力の維持には苦労していました。


白い蒸気をたなびかせ/大山さん(ドルテ)


バッテリーを内蔵し、機関車に積んだまま充電するタイプの施設のED500。バッテリーのメンテナンスが不十分で不良となったバッテリーを、武田さんとメンバーで新品に交換。この寒さの中で訪れたお客さまを乗せ、大島さんの運転で元気を取り戻していました。バッテリーは、運転の都度取外し、充電をして置くことが長持ちの秘訣のようです。


施設のED500をテスト走行


残念ながら、11時30分頃から雨がパラパラと。急いで車両を車に載せ、この日運転会は、2時間30分で終了です。でも、「運転会は中止にならなかった」ということです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年2月「蘇我運転会」報告 | トップ | 2015年3月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。