2016年10月「蘇我運転会」報告

2016-10-05 17:22:35 | 投稿記事

2016年10月「蘇我運転会」報告
好天に恵まれた自由参加自主運営運転会
会員番号31-117
岸田 弘


10月2日(日)に、蘇我「花の駅」で、自由参加自主運営の運転会が行われました。蘇我運転会は基本的に毎月第一日曜日を運転会日としていますが、10月は23日の「ちば祭り」を通常運転会日としているため、9月の運転会日から数えると7週間も空いてしまい、その間の「10月2日に自由参加自主運転会を開きたい」とメンバーから提案があり、「参加できる人が自由に参加する/運営は蘇我MTCでなく、参加者の自主運営とする」ことで試行されました。

この日集まったのは6組7名。駐機場の上には、久し振りの青空の中に、秋のうろこ雲が広がっていました。


抜けるような青空の下、集まったメンバー


秋のうろこ雲が広がる下で、蒸気上げ


最初に走り出したのが西本さんのC62。「かもめ」のトレインマークを輝かせ、奥さまを乗せ快調に走り出します。


「かもめ」のトレインマークを輝かして/西本さん(C62)


公式運転会としての告知はしなかったのですが、定時の10時には、乗車を期待する市民がちらほらと…。

この日、運客力のある新幹線N700が、白馬に出張中のため、馬場さんが電動トビーを用意。守田さんのトーマスと旧型客車を引いて運客を始めます。トビーとトーマスが一緒に走ると、子供たちには大人気。午前中のフル活動で、お昼前にはバッテリー切れとなりました。


トビーとトーマスの重連で/馬場さん(トビー)


蒸気上げの早いコッペルの加納さんも、2両の客車を引いて本線に出て運客に大活躍。


運客に活躍/加納さん(コッペル)


吉岡さんのT5改8100も、秋草を揺らしながら3両の客車を引いて、大量輸送を始めます。


秋草を揺らし8100が行く/吉岡さん


運転会としての告知をしていなかったため、訪れる市民は普段の半分程度。ゆったりとした進行の中で、内周線を走る3.5吋の西本さんのC62も客車2両を連結し、運客を始めます。普段パワーを持て余しているC62。この日は乗客の負荷を感じながらの運転を十分楽しんでいました。


運客を楽しむ/西本さん(C62)


乗客が少ない中で、沢山の車両が運客を始めたため、子供が好きな列車を選べる楽しい運転会になりました。

午後は、バッテリー切れの馬場さんに代わって、加納さんがコッペルでトーマスと旧型客車を押して運客を始めました。後ろ補機の珍しい組み合わせで、15時までフル運転です。


コッペルは後ろ補機/加納さん


準会員の森君は、乗車係、車掌任務の後、乗客の切れ目に吉岡さんから運転指導を受けていました。吉岡さんの丁寧な指導に森君の笑顔がこぼれます。


運客の合間、運転指導を受ける森君


T5風の守田さんは、トーマスと旧型客車を本線に貸し出し、参加車両の少ないことを逆手に取って、内周線を単機で逆回りし、普段と違う風景と、運客車両とのすれ違いを楽しんでいました。


いつもとは違う風景を楽しむ/守田さん(T5風)


この日の運客は425名。告知なしのため乗客は普段の半分でしたが、参加車両が少ない分、午前午後と休む間もなく運転せざるを得なくなり、たっぷり運転を楽しめる運転会となりました。準備、撤収も少ない人数の中スムーズに進み、初めての自由参加自主運営の運転会は、大成功だった様です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年10月法隆寺ナイター... | トップ | 2016年10月関東支部「八王子... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。