2017年2月「蘇我運転会」報告

2017-02-10 16:53:35 | 投稿記事

2017年2月「蘇我運転会」報告
午前中だけで、508人のお客さま
会員番号31-117
岸田 弘


2月の「蘇我運転会」は、立春直後の5日(日)に「花の駅そが」で開催されました。「蘇我運転会」は、毎月第一日曜日を運転会日としているため、1月は正月休み。このため2月が年初めの運転会となりますが、14組のメンバー・家族が集まりました。この日は「午前中曇り、午後から雨、気温12℃」の天気予報のため、午前中に走らせようと駐機場での運転準備を急ぎます。


今年初めの笑顔が揃う


朝のミーティング時までは青空が見え、駐機場からは、冬の運転会にふさわしく白い蒸気が上がります。


青空の下、運転準備開始


蒸気の上がる中、朝のミーティング


運客開始の10時頃からは雲が広がり寒さを感じるようになりましたが、運転会を心待ちしていたお客さまが次々訪れ、武田さんのN700新幹線が子供たちの笑顔を乗せて運行を開始します。


今年も笑顔を乗せて/武田さん(N700)


石川(安)さんのトーマス+EB10も、相変わらず子供に大人気。一回に2人しか乗れないため、トーマス専用の列が伸びていきます。


トーマス出発/石川(安)さん(トーマス+EB10)


蒸気機関車での運客は、古橋さんの8620。重い7.5吋の客車2両に、8~10人を乗せて真っ白なドレインを吹きながら苦しそうな走り。途中から守田さんのT5風と客車が重連で加わり、協調運転で任務を務めます。


ドレインを吹いて出発/古橋さん(8620)


雨雲に変わっても列が伸びる


自由走行線では、西本さんのC62が安全弁を吹き上げていますが、いつもの快調なドラフト音がありません。前回のポイントでの脱線で、前進時のバルブタイミングが狂ってしまったようです。


安全弁を噴き上げて/西本さん(C62)


大石さんのC21改C56は、いつものように奥さまを乗せ、快調な走りを楽しんでいました。


奥さまを乗せて/大石さん(C21改C56)


蒸気が映える/馬場さん(コッペル)


「昼からは雨」の予報を信じ、7時45分に運転会場に着き、早朝から走り回っていた大島さん。10時30分に、「今日はこれまで…」と笑顔で撤収作業を開始していましたが、この読みが後で的中です。


早期スタート、早期撤収/大島さん(コッペル)


立春直後の運転会とあって、「花の駅」では水仙が咲いていました。この水仙越しに、古橋さんと守田さんの重連が走り抜けます。「撮り鉄」らしい風景が撮れました。


水仙越しに重連が行く/古橋さん(8620)+守田さん(T5風)


今年初めての運転会とあって、「曇りのち雨」の予報にも関わらずお客さまが集まり、一時は日差しのない寒さの中でも、乗車待ちの行列が伸び大賑わいでしたが、しかし、天気予報は的中し、12時頃からぱらぱらと雨が…。トーマスのお客さまが乗り終えたのが12時15分。

運客は午前中だけで508名。ここで、午後の運転会の中止を決めて、小雨の中集合写真を撮り、急いで撤収作業に入りました。この日昼休みに予定していた「運転競技会」は来月に延期となりました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年1月関東支部「八王子運... | トップ | 平成29年2月法隆寺運転会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。