2016年9月「蘇我運転会」報告

2016-09-08 13:59:52 | 投稿記事

2016年9月「蘇我運転会」報告
午前中雨の予報が…
会員番号31-117
岸田 弘


夏の暑さを避けて7・8月を休みとしていた蘇我運転会。
3ヶ月ぶりとなる4日の天気予報は「午前中雨/午後曇り」。都内は雨が降る中、「運転会は中止にならない」のジンクスを信じて蘇我に向かい、江戸川を渡ると雨が止んできました。そして9時、運転会場の「花の駅」には薄日が…。

しかし、台風10号が岩手・北海道に大被害を与えた後に、この日は、台風12号が九州に上陸するという情報の中での「雨予報」のため、10時前の朝礼参加者は僅か10名でした。この時点の参加車両は撤退を考えたお手軽電動車両ばかり。6月が雨で運客中止になり、雨の中走りたい人だけの自由走行会になっただけに、4ヶ月ぶりの運転会を待っていたお客さまが集まり、武田さんの新幹線N700がお客さまの笑顔を乗せて大奮闘です。


新幹線大奮闘


雨雲が夏雲に/武田さん(N700)


パワーユニット+トーマスの成田さんは、遅れて参加の守田さんがC21の蒸気上げをする間、守田さんのトーマスと重連し、2家族ずつの運客を始めます。


トーマスも重連で/成田さん


守田さんも蒸気上げを急ぎ本線へ。大量運送のできる蒸気機関車の参加で、やっと待ち時間が短縮できるようになりました。


満員のお客さまを乗せて/守田さん(C21)


昼前には雨雲が夏雲になり、日差しも強くなってきました。


夏の名残の強い日差しの運転会に


この日新しく登場した設備は、6月の運転会時に話題になった「速度確認装置」。武田さんと石川(安)さんが共同で企画検討・設計・製作したもので、4mの間のセンサーで速度を感知、これを表示するとともに、設定速度(この日は5㎞/時)を超えると、赤色灯が点灯、同時に警報音が鳴る装置です。試験運用の結果装置は問題なく作動するのですが、運転士の方が慣れず、ほとんど「警告と警報が鳴りっぱなし」に…。日頃飛ばし屋の運転士から見ると、「ネズミ捕り」の取り締まりの気分で、現場を通る度に緊張します。今後適正スピードを検討し、「設定速度」を決めてゆく必要があるようです。


速度確認装置の設計・製作者/武田さん・石川(安)さん


設定速度を超えると警告と警報が

自由走行線では、遅れて参加の佐藤(猛)さんが、すげ笠で日よけ対策した姿でT5を周回させています。


暑さ対策は帽子から/佐藤(猛)さん(T5)


馬場さんはトビーの単機。


雨予報には電動・単機で/馬場さん(トビー)


青木さんはパワーユニット+クロ151系特急「つばめ」の編成運転を楽しんでいました。紺碧の空の下、国鉄特急色が美しく映えます。


紺碧の空の下「つばめ」が走る/青木さん(クロ151編成)


運客手伝いをしてくれている準会員の河村くんは、手伝いの合間、馬場さんのトビーで運転訓練を。森くんは守田さんから直接、蒸気機関車の運転指導を受けてうれしそう。


運客手伝いの合間に運転訓練/準会員・河村くん


昼休みの間に運転指導/準会員・森くん


この日のお客さまは582人。「雨のち曇り」の予報が外れ、夏の名残の強い日差しの中での運転会となりました。日焼け対策をしていなかった首筋と腕はヒリヒリしています。

来月は23日に「ちば祭り運転会」。その間、間が空くので、10月2日に「自主参加の臨時運転会」を予定しています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西条運転会《ミニSLフェスタi... | トップ | 平成28年9月法隆寺運転会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。