10月宇和島運転会

2015-10-29 16:10:56 | 投稿記事

10月宇和島運転会

会員番号81-02
加藤 圭哉


平成27年10月17日(土)・18日(日)の2日間、ミニSLの『宇和島運転会』が開催されました。これは、愛媛県予土線利用促進協議会(宇和島市・鬼北町・松野町)が主催し、『よどせん感謝祭』として毎年行っているイベントの一環として、今回ミニSL運転会を大々的に行ったもので、四国ミニSL倶楽部の協力のもと、各地から6名の愛好家が集まりました。

2日間とも秋晴れに恵まれ、会場である『コスモスホール三間』の駐車場 (愛媛県宇和島市三間町)には、たくさんの地元の親子連れが集まり、ミニSL以外では、もち投げやバザー、コンサートや案山子工作コーナーなどでも、終日楽しんでいました。


会場コスモスホール駐車場

鉄道グッズブース


つきたて餅販売ブース



会場の宇和島市三間町は、三間米で有名な米産地で、周りは水田や畑、ビニールハウスが広がり、いつもの運転会とはひと味違った会場となりました。広い駐車場を利用して、大きなL字形のエンドレスコース(延長260m)に線路を敷設、乗降場は2線として、6列車同時収容可能としました。この会場に、陸上トラックのようなエンドレスを敷けば、線路より内側がデッドスペースになり、ミニSL運転会以外のイベントに、支障をきたしてしまいます。そのため、極力コンパクトに、それでも総延長を稼ぐため、曲線半径はR10m以外に、R5mの箇所もあり、残念ながら大型のライブスチームは、走行不可という条件になってしまいました。それでも、四国西南地域では初めてとなる、本格的な『ミニSL運転会』に、地元の期待が集まりました。

車両基地



車両基地は、参加人数が多くないため、また、長い編成の列車が多いため、本線から直接、『横取りレール』で、車両基地内に列車を入出場出来る方式にしました。引き込み線の上をテント2張りで被い、秋とは思えない当日の暑さに対応しました。
四国内の参加者は5名です。四国ミニSL倶楽部会員からも、「ちょっと宇和島は遠いなあ・・・」と言う言葉も聞かれましたが、香川県からは、谷澤さん(キハ181系気動車特急)、中條さん一家(700系新幹線レールスター、トーマス)、大西さん(EH500金太郎)、加藤(OS-T5)、愛媛県から、玉井さん(伊予鉄風DL)が参加しました。そして、一番遠くからの参加は、奈良県の山田さん。愛機のC50を車に積み込み、片道約430kmを駆けつけていただけたのには、頭が下がる思いです。

谷澤さんの181系特急気動車



谷澤さんは昨年、キハ58・65の急行編成を導入、各地の運転会で、堂々の運転を行っていました。今回新たに、『キハ181系特急気動車』も導入し、一気に所有両数が増えましたが、中間車両(乗用台車)は、共通運用ということです。昭和期の国鉄色に塗装された車体から、ディーゼル全盛期の四国鉄道を感じることが出来ます。

中條さんの700系新幹線レールスター



中條さんの手作り『700系新幹線レールスター』は、毎回、進化しています。台車を脱線し難いように改良したり、モーターをパワーアップしたり、編成を増やしたりと、安定輸送や輸送力増強にも力を入れています。満席乗車すると、14名のお客様が乗ることが出来るため、運転会での働きは抜群です。JR宇和島駅長さんの出発合図で運転会をスタートしようと、新幹線とミニSLと、両方を並べましたが、子供達に、「SLと新幹線、どっちがいいの?」と聞くと、「新幹線!」と応え、SLには乗ってくれず、初列車は、新幹線に決定!

ミニSL運転会とはいえ、泣く子と新幹線には勝てませんでした。

トーマスを押す大西さんのEH500



大西さんは、手作りのデフォルメされた『EH500電気機関車(金太郎)』で、コンテナ形の乗用台車をけん引し、小さな子供達が乗った姿は、「カワイイ!」との声がかかります。運転の合間には、その編成の前に、中條さんが市販品の玩具『乗用トーマス』を利用して作った『トーマス号』を『金太郎』の前に連結し、最前部に乗車出来るようにしたところ、子供達から大人気でした。

加藤のOS-T5



今回、ミニSLが2列車、電動が4列車の参加でしたが、乗降場を2線にし、延長を長くとったため、1線に3列車、合計6列車全てが乗降場に収まることになりました。そのため、大きな運転会で見られるような、降車場での大渋滞は皆無で、スムーズな運転が行われました。私のT5も、長い線路延長にも助けられ、石炭も良く燃え、調子良く運転することが出来ました。

玉井さんの伊予鉄風DL



玉井さんも手作りのDLです。形は伊予鉄道のDL風ですが、塗装は鮮やかな現代風で、人目を引きます。コントローラーも手作りで、最初使っていた12V用から、24Vも12Vも使用可能なコントローラーを新たに製作しました。パワーアップにも貢献しています。

山田さんのC50



OSのC21は自由形ですが、国鉄蒸機では、一番C50に似ています。8620やC56にも、見えなくはない・・・という感じですが、山田さんも、OSオリジナルのままではなく、煙突の形状やブロアーの吹き出し口、シリンダーへの給油装置など、様々な工夫を行い、改造しています。そのため、格段に扱いやすく、安定した走行が可能になり、今回もSL独特の勇壮なドラフト音を響かしながら、多客輸送に活躍しました。

参加者勢揃い



車両基地前に集合した、全参加者です。前列左から、谷澤さん、山田さん、加藤、大西さん、中條さん次男、後列左から、中條さん、中條さん長男、中條さん奥様、玉井さん・・・少数精鋭の集合です。

参加者・主催者懇親会



初日が終わり、その晩には、地もと宇和島の料理店『ほづみ亭』にて、参加者家族も含めて全員と、主催者やエージェント等の有志、総勢15名で、歓迎懇親会が開催されました。宇和島の地は、郷土料理の宝庫で、『じゃこ天』、『まる寿司』、『福めん』にはじまり、『たち巻』や『あら煮』など、たくさんの料理が並びます。ほづみ亭オリジナルの鬼梅で造った『うめ酒』は、普段お酒を飲まない人にも大人気。最後の締めには、宇和島独特の絶品『鯛めし』or『さつま』を堪能しました。その後、ホテルに帰っての2次会も、幹事部屋に集まり、夜遅くまで情報交換に、話しの花が咲きました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月法隆寺運転会 | トップ | 2015年11月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。