2016年3月関東支部「八王子運転会」報告

2016-03-22 11:44:18 | 投稿記事

2016年3月関東支部「八王子運転会」報告
春の訪れを感じながら
会員番号31-117
岸田  弘

3月の八王子運転会は、東京の桜の開花宣言が「今日か明日か」と期待される20日(日)に開催されました(実際の開花日は翌日の21日でした)。春分の日とあって暖かい日差しと気温に恵まれ、絶好の運転会日和となりました。久しぶりの好天に、メンバーの家族も多く参加し、沢山の子供たちの笑顔が見られました(集合写真を昼前に撮ったため、午後から参加の方が写っていません)。


春の暖かさに誘われて


石川(安)さんのトーマス列車は幼児に大人気。先頭の運転席に座って警笛等のボタンを押して大満足です。


トーマスは子供に大人気/石川(安)さん


久し振りに参加の玉田さん。今回はフォルテで参加し、走り始めますが何か変。バルブ調整不良ではないかとリンク機構をチェックする中で、ボイラーの前下がりに気づき、3分割の下回りを内側から見ると、第一動輪と第二動輪の天然ゴム状のクッションの「へたり」を発見し、この部品の交換か第三動輪同様、スプリングへの交換が必要と分かりました。「久し振りの参加だが、日常の点検・確認が重要」と反省していました。


久し振りの参加/玉田さん(フォルテ)


鶴見さんは譲り受けたBR24の力行中の異音に気づきチェックするとフレームに固定するシリンダーブロックのビス8本の緩みを発見。古橋さんの収納フレームを借り、結束バンドで動輪を固定し、機関車を横にしたり裏返ししたりしながら、シリンダーブロック固定ビスの締め付けを試みますが、六角レンチが届かず上手くいきません。「持ち帰ってボイラーを降ろして…」とあきらめかけた時、BR24を組み立てたことのある町さんが、「先輪を外せばフレーム裏からできる筈」とアドバイス。武田さんが手を貸し、広い作業スペースを得てしっかりと固定することができました。古橋さんの収納フレーム/町さんの経験/武田さんの作業手伝い/メンバーの(機関車を横倒しする)力等々、多くの知恵と力を集めて、短時間に作業を終えることができました。というわけで、集合写真は「この横倒しの機関車」をみんなで囲んでパチリ。「機関車の組み立てに当たっては、仮締めの後の本締めを忘れるな!」が教訓です。


思わぬトラブルに大苦戦/鶴見さん(BR24)


結局、先輪を外して/作業を手伝う武田さん


緊急修理を終えたBR24は、試運転後、楽しみに待っていた鶴見さんの孫家族を乗せて出発。


大修理を終えて快調に走る/鶴見さん(BR24)


登り勾配を力強く/古橋さん(8600)


黒光りする機関車で/矢島さん(コッペル)


大山さんのドルチェも、孫家族を乗せて春の日差しの中気持ち良さそうに周回します。


孫たちの笑顔を乗せて/大山さん(ドルチェ)


林間を行く/大島さん(コッペル)


鉄橋通過/佐藤(透)さん(S6)


岸田の小田急10000型は、4人の孫が揃い、にぎやかに下り勾配を駆け抜けます。


紅梅の下、勾配を下る/岸田(小田急10000型)


春の訪れと共に、子供たちの笑顔が集まる運転会でした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年3月法隆寺運転会 | トップ | 2016年4月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。