2016年5月関東支部「八王子運転会」報告

2016-05-07 13:03:43 | 投稿記事

2016年5月関東支部「八王子運転会」報告
「真っ赤なつつじ」に囲まれて
会員番号31-117
岸田  弘


5月の八王子運転会は、ゴールデンウイーク前半が始まる4月29日(祝)に前倒しで開催されました。
この時期の運転会場は、毎年多様に咲き誇るつつじの競演が楽しみですが、今年は開花が早く、白やピンクのつつじは終わっており、江戸霧島系の真っ赤なつつじが盛りを超えて落下し、レッドカーペットを造っていました。

見事なつつじを背景に


大型連休の初日で北風が強かったのですが、スッキリした快晴で、メンバーの家族や友人がたくさん集まりました。
運転開始前、石川(安)さんが、鉄橋の上の踏板の浮きを見つけチェックすると、「塗装時、ビスのタップ部分に塗料が流れ込み、その後、ビスを不完全なまま押し込んだ」塗装屋の手抜き作業と判明。すべてのビスを外し、タップを立て直し、ビス止めをやり直す作業を集まったメンバーで始めました。作業を終えた9時30分頃には、続々と家族が集まり、いつもより遅れて運転開始です。

みんなで踏板の改修


石川(安)さんのトーマス+EB10が、鶴見さんのお孫さん達を乗せて、改修を終えた鉄橋を通過します。

踏板の改修を終えて/石川(安)さん(トーマス+EB10)


昨年の白馬運転会から1年振りに参加の大島さんの奥さまは、カメラを胸にご主人の運転するコッペルに乗って、真っ赤なつつじの壁とカーペットの上を笑顔で走り抜けます。

夫婦で楽しむ①/大島さん(コッペル)


守田さんの奥さまも久しぶりの参加。C21が引くグリーン車(背もたれが付いただけですが)で、わずかに残ったピンクと白のつつじ横を通ります。

夫婦で楽しむ②/守田さん(C21)


清水さんは1歳のお嬢さんのために乗用車両+バッテリーカー+炭水車の急造列車を仕立て、ビデオ撮影をしながらの運転です。

親子で楽しむ① /清水さん(モーターカー)


岸田の小田急10000型は、息子と娘、その子供達で満員となり、乗れなかったおじいちゃんは、親子で喜ぶ様子を撮影するという、三世代での楽しみ方を味わっていました。

親子が楽しむ②/岸田(小田急10000型)


今回は、メンバーの家族だけでなく、その友人家族が何組も参加し、いつも以上の大盛況。さくら駅にも順番待ちの列が伸びます。お昼時になると、あちこちで芝生にシートを広げお弁当を楽しむ風景が見られました。ピクニック気分で楽しめるのも、この会場の魅力の一つです。
吉岡さんの木曽森林・酒井のディーゼルは、タイフォンを追加工したとのことですが、今回写真撮影に走り回っていたため、その音を聞いていないのが残念。

2人の孫たちを乗せて/鶴見さん(S6)

ビジターも楽しむ/石川(浩)さん(T5改サイドタンク)

乗り場は大混雑

つつじの林を抜けて/吉岡さん(木曽の酒井DL)

機関車交流/石川(安)さん&鶴見さん

つつじを背に駅を出発/佐藤(猛)さん(トビー)

オーバーホールを終えて/八田さん(コッペル)

ロマンスカーの収納に群がる


このように今年のゴールデンウィークは、真っ赤なつつじが印象的な中、家族と友人たくさん集う楽しい運転会でスタートしました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年4月メリケンパーク運... | トップ | 2016年5月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。