2017年3月関東支部「八王子運転会」報告

2017-03-23 11:29:31 | 投稿記事

2017年3月関東支部「八王子運転会」報告
大家族の見学者の笑顔で楽しい運転会が…
会員番号31-117
岸田 弘


3月の八王子運転会は3月12日(日)に開催されました。レイアウトには前月にも増して紅梅白梅が咲き誇り、春の訪れを実感する中での開催となりました。

参加者はメンバー9名に対し、見学者が4家族16人も集まり、にぎやかな運転会になりました。


満開の梅とたくさんの孫世代に囲まれて


八王子運転会では、自分で運転するより見学家族に運転してもらい、家族に楽しんでもらうことを優先している石川(安)さんのトーマス+EB10。この日も真っ先に、石川さんが車両点検を兼ね、レイアウトの巡回点検をしていました。


梅林の中を線路点検巡回中/石川(安)さん(トーマス+EB10)


2歳のお嬢さんのためにトーマス号に急ごしらえしてきた清水さん。早速、お嬢さんと奥さまを乗せて周回していましたが、いつの間にか石川さんのトーマス号に乗り換えていました。声を掛けると「バッテリー切れで休車」とのこと。比べてみると、石川さんのトーマス号は、子供の後ろに家族が乗れることができ、その後ろに運転士が乗る「家族の思いの構造になっている」ことが分かります。


パパが造ったトーマスに乗って/清水さん


休車のトーマスの横を通過/清水さん(石川(安)さんのトーマス+EB10)


長い勾配を登りきる手前には、紅梅白梅の大木があり、これをバックに矢島さんのコッペルが登ってきます。


紅梅白梅の大木をバックに/矢島さん(コッペル)


久しぶりにお嬢さんと一緒に参加の大島さん(コッペル)。梅の花越しに親子の笑顔が見られました。


親子で楽しむ/大島さん(コッペル)


今月はBR24で参加した栁町さん。修理を終えた軸動ポンプの様子を見ながら、見学参加の孫家族の到着を待っていました。


安全弁を吹きながら/柳町さん(BR24)


図面のない素材キットから組み上げた長島さんのC50。快調に走り回った後、駐機場に戻ると機関車を囲んで、苦労話の一方、それ故の楽しみ方の話題で盛り上がります。


快走C50/長島さん


岸田はこの日、長崎電軌3000で参加。久しぶりに可愛い3連接車の運転を楽しみました。


久しぶりに3連接車を楽しむ/岸田(長崎電軌3000)


暖かい日差しと風のない穏やかな気候となったこの日、大島さんの元上司が、3家族6人の孫を連れて見学参加。運転会場は急に賑やかになりました。それぞれが次々に来る車両に乗って大喜び。一番喜んでいたのは、歓声を上げる6人の孫の姿を見ていた元上司の方でした。「大家族っていいな」と思わせる風景でした。

たくさんのかわいいお客さまのため岸田も運客に専念し、その様子が撮れなかったのが残念です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月「蘇我運転会」報告 | トップ | 平成29年3月法隆寺運転会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。