小倉整体 志木室のブログ 

6歳から80歳代の方まで、幅広い年齢層の方がお越しになっている整体室です。

熱中症について少しだけ

2017年07月06日 | コラム
7月に入り、蒸し暑い日が続いています。

これほど湿気が多くなりますと、高温でなくても熱中症の注意が必要です。


熱中症対策には、水分だけでなく塩分も必要ということは繰り返し言われています。

熱中症になってしまったら、重症の場合は当然ではありますが、早めに医療機関にお世話になることを考えなければなりません。

軽い症状の場合(重症でも応急処置として)、まず体を冷やしてやる必要があります。

よく言われているのは、木陰などの日陰に移動し、ワキや首、足の付け根などをペットボトル等で冷やすことです。


さらに、冷やすべきポイントは肺となります。

肺の表面積は、テニスコート一面分あると言われています。

この、広い面積を冷やしてやることによって、体も効率的に安全に冷やすことができます。

つまり、エアコン等の効いた涼しい場所に移動することです。


熱中症対策には、水分、塩分だけでなく、おかしいなっと思ったら、できるだけ早く冷たい空気が吸える環境に移動しましょう!








                                 小倉整体 志木室

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月の操法日について | トップ | 寝苦しさの原因1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。