うろうろパリ歩き&プロヴァンス

2016年5月から7月までのフランス滞在珍道中をつづります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アパルトマンのロワイエ

2016-11-07 08:52:57 | アパルトマン暮らし
 ロワイエ。家賃のことです。

 オンラインで写真を見てお部屋を選び、空室状況もその場で確認でき、クレジットカードで1泊分と契約書作成料を決済すれば、その場で予約成立。ちょっと不安はあったのですが、結果は、何の問題もありませんでした。
 
 5区で最初に滞在したアパルトマン。30平米。1泊127ユーロでした。2人でゆうゆう泊まれますが、ここは私ひとりで滞在しました。



 やはり5区の2軒目のお部屋は、広さは同じ。1泊142.69ユーロ。友人と一緒だったので、この半額が私の負担。



 ほかに支払ったのは、それぞれのアパルトマンの契約のための書類作成手数料。これが39ユーロずつです。

 チェックイン&アウトの時間帯が早朝だったり夜間だったり、日曜祭日だったりすると、追加料金が発生します。

 「チェックインは15時」と書いてあっても、「13時にしてもらえませんか?」とかって相談すると快諾してくれるし、担当者にもよるかもしれませんが、次回もこのエージェンシーを使ってもいいなと思いました。

 ひとり滞在の期間は、もっと安いお部屋も検討しました。20平米以下のお部屋とかもあるんです。が……
安くて狭い部屋は、窓がすっごく小さかったり、なんとなく気が滅入りそうな感じがしまして。ただでさえひとりなので、明るくて広さもそこそこあるお部屋にしました。

 そうそう、「絶対この部屋がいい!」というのでなければ、出発ぎりぎりまで待っていると、かなり賃料が下がります。(これはホテルも同じですね) 次回は、この手を使うのもいいかな。
 って、次回がいつ来るのかは、霧の中です(笑)

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5区のアパルトマン2軒目つづき | トップ | フランスこぼれ話 病気編 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
情報、ありがとうございます (B)
2016-11-07 17:39:38
 滞在するところを決めるとき、単純に家賃の安さだけで選ぶことはできませんよね。特に女性の場合、治安などを考慮に入れれば多少高くても安全なエリア、駅から近いことも大事だと思います。お金には代えられないものってありますよね。
 
 契約がとてもシンプルでびっくり。不動産屋さんは、外国人のお客さんにも慣れているのでしょう。

 セーヌのかっぱさまに近い将来、次回のチャンスが訪れることを願っています。
Re: 情報、ありがとうございます (セーヌのかっぱ)
2016-11-08 04:17:52
Bさま
コメントありがとうございます

はい、そうなんです。女ひとりなので、「安全第一」です!
安全はお金で買えますよね。お金持ちでもなんでもない私ですが、使う部分には使わないと、一生後悔するようなことにはなりたくないと思っています。

余談ですが、パリでは、あちこち外出してくたびれたときとか、荷物が多いときは、迷わずタクシーを利用していました。
日本と比べると、タクシーはすごく安いですしね。

アパルトマンの賃貸契約は、仲介業者によっても違うようです。
私が使ったところは、ほんと、シンプルで助かりました。もちろん、事前に契約内容はちゃんと読んでおきましたが……

長く滞在したのでもう当分行きたくならないと思っていましたが、そうでもないみたいです


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アパルトマン暮らし」カテゴリの最新記事