杜の里から

日々のつれづれあれやこれ

EM批判記事への驚くべき批判

2012年07月31日 | EM
7月3日と11日の朝日新聞青森版に載ったEM批判記事に対し、7月25日、この記事への批判がDNDメディア編集長の出口俊一氏(以下出口さん)によって行われました。
そのエントリーがこちら「朝日新聞が比嘉照夫氏の談話をWebから無断引用の疑い」というものです。
この批判を読んでみましたが、どうも新聞記事の主旨と批判の矛先が噛み合っていない様に感じ、これはちょっと一言言った方がと思っていた矢先、ublftbo さんが詳しい批判エントリーを挙げてくれました。
「朝日新聞によるEM批判記事、への反論記事について検討する」(→こちら
まあ、これを読んでいただければそれまでなのですが、これとは別に、私自身が出口さんの批判エントリーを読んで大いに驚いた部分があります。
それはublftboさんも引用していますが、こちらの部分です(強調は引用者によります)。
>菊池氏は、万能性をうたっていること自体が、非科学的だ、とEMを容赦しない。万能性ってその定義にも触れず、具体的な指摘も記事にはない。だれも万能性なんかうたってないでしょうに
>科学者ら、って誰れですか。万能性をうたう、ってどんな風にですか?万能性と決めつけて非科学的という方向に導く、このレトリックのまやかしは、危うさの裏返しでもある。万能性なら、と決めつけて非科学的だという見出しになる。恐ろしい飛躍です。
いやいや、ここを読んだ時なんか飲んでたビールが鼻から噴出してしまったほどで、
「い、今さら〜!」
なんて思わず叫んでしまいましたよ。
これについてはublftboさんの結論でも述べていますが、「万能」について比嘉さんはとっくにネット内で発言している訳で、出口さんはその事を全然ご存知でなかった訳です。

以下は補足ですが、そもそも「EMが万能である」という文言はネット内のみならず、比嘉さんご自身の本の中でもしっかり述べられております。

 
サンマーク出版「甦る未来」より
(p.83)
 世の中には万能は存在しないという常識があることは十分に承知していますが、EMの本質を知る私にとっては、EMはやはり万能であるといわざるを得ません。なぜならば、この地球上で起こるあらゆる有害なことは、例外なく直接、間接に強い活性酸素やフリーラジカルによって引き起こされているからです。〜(中略)〜
 一つのもので万能はないといわれますが、EMは一つの名前であって、その中身は地球の蘇生的進化の多様性を凝縮しており、万能であって当然と考えてもおかしくはありません。EMが万能でないという人々は、たんにEMの万能を引き出せないだけであり、EMに罪はありません。
一応証拠として該当ページの写真も載せておきます。
通常はあまりこういう事はしないのですが、まあ出口さんもそうしていますし、こういうのは多分「無断引用」には当たらないのだなと合点しましたもので(クリックで拡大)。
 

この本の初版は2000年8月10日となっています。つまり比嘉さんは、「EMの万能性」についてはすでに10年以上前から言っている訳で、この事を知らなかった出口さんは、つまりこの比嘉さんの本もまったく読んでいなかったという事をここで暴露している訳です。
そして出口さんは、
>「本来は多様な対策が必要な環境問題を、EM菌だけで対処可能と思わせる…」、と長島氏はおっしゃるが、誰がEMだけで対処可能と思わせているのでしょうか、長島氏がご自分で推量しているにすぎないのではないか。
と疑問を呈している訳ですが、出口さんにはこの機会に、ぜひ一度この本をお読みになる事をお薦めします。お知りになりたかった答えはすべてこの中に書かれていますから。
これ以外の本についてはこちらの方が詳しく解説なさっていますので、ぜひこれも参考にされてはと思います。

また「波動・重力波」についても比嘉さんは事あるごとにあちこちで述べているのですが、出口さんはここでも
>長野記者は「関英雄先生が確認した…」の肝心なところを削っており、原文の改ざんも行われていた疑いが出てきた。
>Webから無断引用し、原文を改ざんして比嘉先生の談話のようにみせかけるのは、いかがなものか。これはでっち上げというのか、歪曲というのか、いずれにしても大きな問題をはらんでいることは確かだ。
と述べている訳ですが、この部分を見ますとどうやら出口さんは、
『EMに重力波があるというのは関英雄先生がちゃんと確認したのに、それをただ比嘉さんがそう言っているだけの様に記者は捏造している。』
と思っているのではと私は感じるのです。
これも出口さんに事実誤認があるようなのですが、関英男(こちらが正しい名前)先生というのは独自に『グラヴィトン理論』なるものを提唱した人であって、先の引用部分に関しては「関英男先生が確認した重力波」でワンセンテンスと理解するのが正しく、そして比嘉さんは、
>私はEMの本質的な効果は、〔関英雄先生が確認した重力波〕と想定される縦波の波動によるものと考えています。
と述べているのであり、出口さんが
>その引用の仕方も悪意に満ちていた。「重力波と想定される波動による」とは、それだけ抜き取ると、いかにも記事に言う、現代科学とは相いれない非科学的な独自理論という印象を与えるのに十分な仕掛けだ。
と言うのは、比嘉さんのお話そのものを誤解しているという事であり、この批判はまったく的外れなものである訳です。
ublftboさんの反論でもエコピュア「新・夢に生きる」の事例が載せてありますが、DNDの方でも「第25回 EM技術の立脚点」の中で、「三次元の派動」という単語が登場しています。
これが所謂「重力波」を指すもので、ちなみに「関英男さんの重力波」は科学的にはまったく認められておらず、どちらかといえばオカルトの類に入るものという事も付け加えておきます(→参考)。

そして出口さんの結論、
>河川が汚れる主な原因は、米のとぎ汁というのは周知の事実だ。その米のとぎ汁にEMという微生物群を加えて発酵させる。それを希釈して校庭の花壇や菜園に 撒いたり、家庭のトイレやお風呂場に撒いたり、あるいは河川に注いだりと、まず米のとぎ汁を家庭から下水に流さない、というだけでも環境や河川の水質浄化 によいというのは異論がなかろう。
ですが、【米のとぎ汁を家庭から下水に流さない、というだけ】ならば確かに異論はないのですが、新聞記事は【あるいは河川に注いだり】という部分が問題であり、この事を誰も疑問に思わず検証もせずに、教育現場では「川がきれいになる」と教えている事に対しての問題提起を行っているのですね。

今回このエントリーをご本人がご覧になるかどうかは知りませんが、いずれにせよ出口さんはまた続編をお書きになる様です。
>青森に行ってみると、学校関係者らの間からEMへの批判は何ひとつ聞かれなかった。あったのは、朝日新聞への批判ばかりだった。
だから問題なのだという事を、EMを盲信する人達は誰も気付かないのですね。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中央メディアが伝えない事 | トップ | EM批判記事へのさらに驚くべき批判 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ssfs)
2012-08-01 23:09:13
出口氏が比嘉氏の言を鵜呑みにして、ニセ科学擁護のサイト運営をしていることは厳しく指弾されるべきです。この期に及んで、自分のサイトに何を載せてきたかバックチェックしようともしません。OSATOさんはずっと以前からEMの問題点を指摘してきましたから、今回も問題提起する資格があると思います。

しかし、菊池氏らニセ科学批判者は、OSATOさんの書き込みを読んでもEMについて調査分析をしようとせず、教条的な見方しかしてきませんでした。今回、明らかに菊池氏の影響を受けたと見られる朝日記者がずさんな取材をしたことはどうやら確かなようです。

出口氏がそのことを追及するのはEM擁護の作戦として成立するかもしれません。しかし、朝日の落ち度を攻撃したところで、EM側の行為を正当化することにはなりません。EM側のやりたい放題は引き続き非難されるべきです。

EM側のニセ科学的行為と朝日の取材態度はきっちりと切り分けて議論すべきだと思います。
出口さんもあちらの人? (OSATO)
2012-08-02 00:35:01
いらっしゃいませssfsさん。

取り合えず出口さんの批判記事の続編をリンクしておきましょうね。↓
http://dndi.jp/mailmaga/mm/mm120801.html
これを見ると確かにssfsさんの仰るとおり、出口さんのニセ科学擁護の姿勢も何とかせねばとも思います。この比嘉さんの記事を読んで、彼は何とも思わなかったのでしょうかね? ↓
http://www.ecopure.info/rensai/teruohiga/yumeniikiru05.html

と言うより、どうやら出口さんはこのエントリーも読んではいないようですね。色々忙しかったようですし。
まあこれからぼちぼち、じっくり取り掛からせてもらいます。それまでもうしばらくお待ち下さい。
Unknown (ssfs)
2012-08-02 01:40:40
コメントありがとうございます。

ヤフー掲示板にも再三書きましたが、出口氏らEMの擁護者は日本橋川浄化に関するNPO法人の拙劣な主張について、誠意ある釈明をすべきと考えます。
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kasen/ryuiki/02/4-4.htm
納得の記事です。しかし、ある疑問が生まれました (TAKA)
2012-08-04 00:03:37
OSATOさん、こんにちは。OSATOさんの記事を、興味深く読みました。
なるほどと頷きながら読み終えたとき、私の心には次のような疑問が生まれていました。

疑問、その一:「比嘉氏が主張するEMの話は、確かに怪しい。しかし、比嘉氏本人の話はともかく、ユーザーによる肯定的な体験談は、どう判断するべきか?」

疑問、そのニ:「きくちさん達は、比嘉氏のEM理論をニセ科学だと指摘している。しかし、ユーザーによる肯定的な体験談を多く集めれば集めるほど、比嘉氏のEM理論はニセ科学から本物の科学に変身するのではないか?」

疑問、その三:「『肯定的な体験談を集めれば集めるほど、比嘉氏のニセ科学的なEM理論も本物の科学になってしまうのだ』という主張が科学的に駄目な主張だとするならば、どこがどう駄目なのだろうか?」

今の私は、自分の疑問なのに自分で的確な答えが出せず、一人で思考の迷路に嵌っている状態です。OSATOさんの助言があれば幸いです。
バイアスに注意 (OSATO)
2012-08-04 00:54:56
いらっしゃいませTAKAさん、多分こちらでは初めまして、かな?

仰る疑問はもっともな事で、実はこの問題こそがEMを取り上げる際一番気をつけなければならない事なのです。
所謂「バイアス」というものです。
これについては過去のエントリーに色々登場しますが、どれも長いのでいずれもっと簡略化したエントリーを立てようかと思っています。
取り合えず以下のエントリーを参照してみて下さい。↓
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/ec3eecf8ffed02052fa2d64b2050f86d
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/4020ba9f859967bc0c09d0560dfc389d
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/25415743f39ff3ee13be08342313b780
他の疑問に関してはぼちぼちと述べていきたいと思います。
目の前の霧が晴れそうです (TAKA)
2012-08-04 01:11:59
導きをありがとうございます。OSATOさんのエントリーを参考にして、自分の疑問を解消させる道に進みます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。