おじたん。的ぶろぐ生活。

おじたん。である。鬱病である。療養中でもある。語るんである。

母さん、事件です! いや。母さんが事件だ…。その18。

2016-10-13 20:49:29 | 我思う、故に書くなりよ。
…母は神経内科医の診察を受けた。

認知症以外の…ってことで、内科医ではなく…って事でそうになったのだが、ここからまた別の専門医の診察を受けるために紹介状が出るモンだろうと思っていたが、そうじゃなかったので拍子抜け…。

かなり具体的な診察と問診があり、その結果、アルツハイマー型と前頭側頭葉型のミックス…な感じの認知症だとのこと。そうしたトコロから来る本質的な症状よりも、周辺症状の方が強く出ている…って事でもあり、そう言われればそうだよな…って納得のいく診断だったと思ってはいるが…。

当面は今処方されている薬を飲むくらいしか対処もない…ってのが現実的な話で、それに加えて、あれこれなサポートを進めていくって話になった。まぁ、その話の一環での診察なんだけど。

途中で既往歴ってのが問題になって、いわゆる「大病」なんてのを知ってる限りで説明はしたのだけれど、なんでだか知らんが、脳梗塞の病後に飲むような強い薬が処方されている事が判り、なんで家族が知らんの? って話になった…。

掛かりつけというか、そうした医院をちょくちょく変えていたみたいだし、お薬手帳なんてのも満足に使っちゃいないって事もあって、具体的な話も判らないのだけれど、近年、廃院した医院から処方されていたもので、なおさら判らない。母本人に聞いても判らんし…。

これは…後日判ったことだが、随分と前に脳梗塞を患っていたみたいである。そうしたメモが見付かったので、問い合わせて記録が残っていれば、詳しい事も判ると思うが…そうした「大病」まで、家族に言わないってのもなぁ。

まぁ、後遺症って感じなところは見受けられなかったし、そうした不都合も聞かなかったので、軽いものだったのだろうと思うのだけれど、普通は一大事なわけで、家族には言うなりなんなりするだろうけどねぇ。亡くなった父は知っていたのかな…。

様子は…あまり良い方向には進展も無い。

自身で買って来たキャベツを冷蔵庫にしまったのを忘れれば「キャベツ泥棒」だし、本だか無くなれば「換金しに持って出たんだろ」。今日なんかはポシェットが無いと文句を言われたが、私が外出していた時間だったので、犯人扱いできないことが不満らしく、奇想天外で荒唐無稽な理論を検討して披露していたが…単なる認知症と言うのか、精神疾患みたいなもんだし。まぁ、近所に預けたんだろうけれど、その記憶が亡失しちゃってんだろうな。

そうした仕組みと言うか、病態ってのも医師はわかりやすく話してもいたのだが、そうした都合の良くない話はそもそも耳に入れない…って人だったので、その辺の基本ルールってのは変化が無い。自身の考え以外は考えに入らないので、脳が受け付けないってのは昔からだ。

そうかと思えば…薬だけは1日分を朝に渡すと、ちゃんと飲んでいたりする。

朝と夕と寝る前…ってのを小分けにして渡しているが、今のところは服用している。ところが、近所の人には薬を飲んでいる事が恥ずかしいのか「全然、飲んでいない…」と表明しているそうな…。

「…おたく、お薬とかお母さんに飲ませてないの?」

なんて、近所の人から真顔でいきなり訊ねられるからビックリする。かくかくしかじかな話をして、説明はしとくんだが、実際に母からそうも聞いている人はそうも思っちゃくれないみたいだから、さぞかしな家族とでも思ってんだろうな…。

そもそも、いつからだか判らんが、薬は買って来るだけのものになっていたようだ。

何のために通院していたんだかわからんが…薬は処方箋持って薬局に行き、ちゃんと買って来る。だけれど、それを毎日決められたように服用する習慣が消えてしまっていたみたいだ。お菓子の缶にどっさりとしまわれていた。

高血圧絡みの薬が多かったが、時折は飲んでいるのを見ていたので、飲んでいる…と思ったのだが、これもダメになったんだと思う。結構ハイパーな血圧だったりするので、こちらで薬を管理して飲ませる事にしているが、今のところは文句も言わずに服用はしている。

まぁ、日に日にダメになっていく。あれこれが。それをまぁ、病気のせいにしてくれればまだ良いが、その場にいる他人のせいにしてしまうのはいただけない。家族ならまだしも、ゴミ捨てで会う近隣の人に責任転嫁もし始めているみたいだし、これもオレが代行しないとそろそろいかんかな…とも考えている。

考えちゃいるんだが、そうしたまだ出来る…って部分を取り上げてしまう事も実は良くないし、本人がまず納得しない。体の自由が利かないとか、物理的にムリ…って段階にでもならないと、それこそ大騒ぎ始めるだろうな。その辺の兼ね合いっ言うのか、頃合って言うのかが難しい。面倒くさくなって諦めてくれればいいのだが…。

…ちっとは良くなる…って話は無いものかねぇ…この病気は…。

ジャンル:
びっくり
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母さん、事件です! いや。... | TOP | 母さん、事件です! いや。... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。