手作り(希望)な毎日

ただいま帰ってきました(^^)相変わらず手仕事大好き。いろんなものに手を出して楽しんでます♪

息子、障害者手帳申請の診断書。

2017-01-11 20:18:30 | 息子
昨日息子は、障害者手帳と障害者自立支援医療の申請をしてきたそうです。


そのために、病院で申請用の診断書を書いてもらい、そのコピーを見せてもらいました。


以前の診断書よりも細かく項目立てて書かれていましたが、その中身は結構厳しく深刻でした。


文章化して表現する困難さ。複数同時処理の困難さ。一般常識の薄さ。抑うつ傾向は前の診断書にもありましたが、より詳しく書かれています。そして生活の状況についての聞き取りは、ほとんどが『援助がないとやっていけない』でした。


その上で、現況は『親の庇護の元暮らしている』


その中で『小中普通級』という文字が痛い…


今でも支援級か普通級かといったら普通級に行くタイプの息子。


まして当時はまだようやくアスペルガー症候群が認知され始めた時代。


うちの子アスペルガーっぽいな〜とは思ったけれど、そこで支援級にいれようとは少しも考えませんでした。



でも、今思えば



もう少し特性に合った関わりをしてあげられれば、今の状況も変わったのかな〜?なんて悔やんだりもしてしまいます。




なにより本人が今苦しんでいる。
それが辛いですね〜




これまでに私が彼を傷つける言葉や態度も数あったと思います。


優しい人なので、こちらにぶつけてくることが少ない分、自分の中にためていたのかな〜なんて…



そして動けずにいるのを、怠けているとか思い切りが悪いとか評価してしまっていた私たち親。



そういうことではない、というのをようやく最近になって分かってきました。




自分が療育センターに勤めているのに

お母さんたちには偉そうに語っているのに




いざ自分のことになると、ホントに思い切れないものなのです。



「親が受け止められてない」ってよく言うのですが、まさにそれ。



だって、家では困らないから。

学校ではそこそこ頑張れていたから。



でも実は苦手な部分をいろいろ持っていて、実は相当困っていたのだな〜と、ようやく気づきました。



まだまだ先は長いです。


これから、彼も自分について知り、私たちも知り

どうするのが最善か、どのように生きていく道があるのかを、ゆっくりと考えていこうと思っています。



今までの失敗体験が彼を萎縮させている。成功体験を積んで、自信の回復につとめていく。と、診断書の結びに書いてありました。



まさに、いつも私たちが仕事で書く支援計画書の中身と一緒です。



クラスの子たちも大事だけど、まず我が子でしょ!!



彼が明るく毎日を過ごせるように、できることは何か、日々考えていこうと思っています。










読んでいただき、ありがとうございました(^^)はげみになります♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへにほんブログ村






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お休み報告。りんごジャム作... | トップ | ご報告♪りんごの皮染め。カス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL