言いたい放題

コメント大歓迎…チューチューマウスと仲間たち

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「湯がく」と「茹でる」の違い

2012-05-06 04:26:02 | 男の料理

 

「湯がく」と「茹でる」の違い 

 「筍(たけのこ)」と題するblogの文中で、昨日は、筍と格闘した……どデカイ筍が3本。大鍋を二つ動員して湯がいた。あまりにデカイので、一本を数切れに切り、鍋へ放り込み、水をひたひたに注ぐ。糠を適量放り込み、鷹の爪を2,3本。》


 上記の文章中、赤抜きの箇所に問題がある

 
NHK・TVで「料理の言葉」について、誤解して使用される頻度の高いものを二つ挙げて説明していた。それによれば……
「湯がく」と「茹(ゆ)でる」の違いを下記画面のように説明していた
(画像を横から撮したから、ゆがんでいるのはご勘弁ください)            

        

 となると、筆者の「筍(たけのこ)」と題する文章中の『湯がいた』は誤りである。『茹でる』でなくてはならない
 『湯がいた』だけでは、筍が硬くてガリガリだ。ここは『茹でる』必要がある。

 念のため広辞苑で調べたが、NHKの主張が正しいようだ。


 もうひとつは、適量。これは、間違えていなかった。この通りだろう。

         

 いやあ、言葉は難しい

 

[8]ヤーヤー3.jpg 
面白ブログが盛りだくさん「BLOG! TOWON」

ジャンル:
男の料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 5月5日(土)のつぶやき | トップ | もんじゃ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む