ジョギングはシャンパンの味

ジョギング、写真、革クラフト、木工、パンつくり、日本の古代史などを趣味にして楽しんでいます。

羽根つき革靴の型紙を作る  

2017年01月23日 05時50分25秒 | 皮細工

・・・羽根つき(ひも付き)革靴を、作ってみることにしました。

  羽根つきであっても、靴を脱いたり、履いたりの作業を簡単にするために、靴の内側横にチャックを付けようと思っている。

  型紙を布で作ると紙より丈夫だし、革と同じように生地の伸びを見込めるので、今回も型紙つくりに布を使った。
  布は古い服の帆布を使いました。

  

  上の写真はデザインを鉛筆で下書きした状態です。

  

  ハサミで切ります。 上の写真は切り抜いた、前部分だけの状態。  

  

  上の写真は型紙として、展開した羽根つき革靴の型紙です。

  羽根部分にひも穴を四つ設けました。型紙に鉛筆で穴の印をつけています。

『手芸』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メジロの写真を撮りました | トップ | 今の年金の額は少ない »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみですね (sewingleaf)
2017-01-23 10:18:42
はじめまして。
靴作りとても難しそうですね。
でも少しずつ形になって行くのは、作っていく中で
とても楽しいことですよね(*^^*)
どんな靴が出来上がるのか楽しみにしていますね。
またブログ見に来ますね。
素敵な靴が出来上がりますように☆

コメントを投稿

皮細工」カテゴリの最新記事