ジョギングはシャンパンの味

ジョギング、写真、革クラフト、木工、パンつくり、日本の古代史などを趣味にして楽しんでいます。

新聞連載小説「吾輩は猫である」で見える漱石

2016年10月01日 08時28分49秒 | 新聞・ラジオ・テレビ

・・・朝日新聞の朝刊では、今丁度、漱石の小説「吾輩は猫である」を復刻連載している。

  漱石の小説は最近の小説にない奥深い面白さがあって、毎日、言葉を楽しみながら読んでいる。

    右は復刻連載の題字です。

  同じ朝刊に、現代女性作家の連載小説も掲載されている。

  こちらの方は、個人的趣味なのか、読む気がしない。

  多分、こちらは、若い読者特定の内容なのかもしれないが、
  しかし、私が読む限り表現が素直すぎて、若い読者を馬鹿にしたような気がする。
  こんなグレードの小説を掲載していたら、老人はもちろん、若い人まで、新聞読者は減っていくように思う。

  漱石の小説を読んでいると、表現に使われている熟語てあったり、言葉が、とても、意味の奥が深くて、最後についている、注釈を読むだけでも勉強になり、楽しい。
  しかし、忙しく新聞を、読んでいる人には向かないかもしれない。

  また、猫が、小説の中で、いろいろと、思いを語るのであるが、それを書いている漱石自身の人柄、素養、考えが出ていたゐて面白い。
   つい先日は、人間の海水浴を色々と批判して、猫の運動として、蝉取り、と・・・。
   蝉取りが出てくると、かなり長い文章で色々と蝉取りの講釈が始まるが、これもまた、その講釈や、屁理屈を長々と捏ねるところに、漱石の性格が出ていて興味深い。

ジャンル:
作家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 革フリンジのイヤリング | トップ | 最近の稲刈り作業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。