ジョギングはシャンパンの味

ジョギング、写真、革クラフト、木工、パンつくり、日本の古代史などを趣味にして楽しんでいます。

クラフトの材料、床革

2017年06月15日 05時50分17秒 | 皮細工

・・・革細工をしていると、靴の型紙を作るのに、布を使っていたが、どうもうまくないので、何か良いものはと探していたら、床革というものを見つけた。

  牛革はもともと4~6mmぐらいあるらしいので、我々がクラフトで使う1~2ミリの革は、生産工場で作るときは、革の表面の部分だけ剥いで作ります。
  床革と云うのは、その作業の時に発生する、牛側の銀面(つるつるした表皮)を取り除いた内側の残りの部分を言います。

  更に薄く剥いだ、1ミリの厚みの床革は、廃棄材されることもあったので、銀面の牛革の何十分の一の値段です。
  床革の特徴としては、革の内側なので、表面につやが無く、強度的に弱いなどの欠点がありますが、私のように、クラフトの試しに作ってみる時などは重宝します。

『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ農家の畑 | トップ | 博士号の無い大学教授 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

皮細工」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。