ジョギングはシャンパンの味

ジョギング、写真、革クラフト、木工、パンつくり、日本の古代史などを趣味にして楽しんでいます。

初めて革靴の自作 部品と工具の購入

2016年10月16日 08時42分31秒 | 皮細工

・・・ 物作りは楽しい。  かなり前から、とても面白そうな作業なので、革靴を作りたいと思っていた。

   靴は買う時は、自分の足形、デザイン、革質、値段などを考えると、ピッタリの革靴は見つからない事が多い。
   私は革細工については、独学なので、今回の靴づくりも自分流に工夫して、作ろうと考えている。

  今回は靴づくりが初めてなので、必要な部品は購入し、所持してない工具を購入した。
  
  部品は革製の中底、本底、ヒール、鋼板シャンク、スクイ縫い用フェルトなどです。

         

    本底               中底            ヒール

      

     鋼板シャンク     スクイ縫い用フェルト  

  靴底は靴型の上で中底と靴の上側とをフェルトを回りにつけて、手で縫い上げます。
  テレビなどでよく見る、靴の手縫いの映像はこの状態の写真が多い。
  この作業は、慣れないと、手間がかかり、大変です。

  その後、靴裏にコルクなどで、詰め物をして、更に、カカトと足裏に続く部分に、シャンクを補強に付けて、フェルトと本底を縫い合わせ、最後にヒールを貼りつけます。

 

  購入した工具は革細工をするので一通りの工具はもっているが、柄付のスクイ縫い用の曲がり錐は特殊なので買いました。

 

           

 

  柄付のスクイ縫い用の曲がり錐    自作の曲り縫い針

 

  写真の柄付のスクイ縫い用の曲がり錐は、写真の上に写っている柄の大きいのが購入したもので、買ったものは、輸入品でした、多分、錐は材質か何かで、こだわりがあり、国産品を使っていないのではと思います。

  手縫い用の曲り針は普通使っている、革用の縫い針を加熱してスクイ錐の曲線に合わせて、曲げ加工した。

『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 座るのは体に良くない | トップ | 手先のしびれを治す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。