ジョギングはシャンパンの味

ジョギング、写真、革クラフト、木工、パンつくり、日本の古代史などを趣味にして楽しんでいます。

革靴の自作 ii 中底の加工

2016年10月31日 06時00分44秒 | 皮細工

・・・初めての革靴の自作は本底縫製まで、革靴作りを進めたが、前に紹介したように幾つかの不具合があった。
  実際に、靴に足を入れてみて、たくさん、改良しなくてはいけない点を見つけた。

  

  ① 1センチ大きい靴型を使用したのですが、実際に仕上がったものは3.5㎝くらい大きかった。
  足先の余裕を1.5㎝として、靴型を2㎝くらい小さくしなくてはと思った。
 ②靴に足を入れてから、足甲の部分が窮屈、かかとが浅い、等、不具合が何点か、分かったので靴の上革を裁断する型紙を修正する必要がある。
 革靴の自作 ii では、以上の項目を改善しても、十分な品質の靴は、おそらく、今回も出来ないと思うので、また片足だけ作ってみようと思う。

  今回は、実際の足と接触する靴の中底の加工をした。

  

  あらかじめ購入した厚み五ミリの中底を少し大き目に裁断して、靴型の裏に三か所釘で打ち付けて留めた。
  
  
  
  大きさを靴型に合わせて、外形を成形し、甲革と細革と中底をすくい縫いをするために刃物で、溝を掘った。(詳細は下の図面を参照してください)

  

『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再利用を考えた献立 | トップ | 今、人生のどのあたりか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。