ジョギングはシャンパンの味

ジョギング、写真、革クラフト、木工、パンつくり、日本の古代史などを趣味にして楽しんでいます。

一つ失敗すると、幸せを感じる

2016年10月12日 05時57分16秒 | エッセイ

・・・今朝、何時ものようにコーヒーメーカーをセットした後、コーヒーの出来上がりを見てみると、フイルターが詰まって、あたり一たいに、コーヒーがあふれ出ていた。
  朝から、なんかよくないことがあるなーと感じた。

  その後、考えてみると、コーヒーが溢れて、周りを濡らしたことは片づけるのは大変だけど、10分ほど時間をかければ、濡れたことは、元に戻るわけで、考えようによっては、もし、大きな病気に罹ったと考えたら、それに比べれば、なんてことはない。
  もしそうなれば、好きなこともできず、食事も食べられず、苦しい思いをする日々である。
  そんなことを考えると、何もない、健康で平凡な日常の幸せを感じる。

  ついつい、何もなく、日々、同じことを繰り返して、毎日を暮らしていると、もう少し楽しいことはないか、こんなことをしていて、いいのだろうかと、何もない幸せを、己の不幸せと感じる日々がある、
  一寸したアクシデントに出会う事で、何もなく毎日を暮らせている幸せを感じ、其れまでの不満の思いが一変する。

  こんなことを思いながら、常に、反省して、毎日を新たにしないと、精神的に、幸せでないと思った。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めて革靴の自作  裁断と... | トップ | タコの脳と心臓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。