ジョギングはシャンパンの味

ジョギング、写真、革クラフト、木工、パンつくり、日本の古代史などを趣味にして楽しんでいます。

トイレの二重窓製作

2017年12月07日 05時49分11秒 | 木工

・・・寒くなると、一寸した寒さが気になるようになる。
  我が家のトイレでは、窓のみが、ガラスを挟んで外気と接している。
  其れだから、冬の早朝などでは、トイレの暖房を入れても、窓を伝わる寒気が降りてきて、寒さを感じる。

  家を新しくした時に、居間や人がいる場所の窓や戸のガラスは二重窓にしてあるが、トイレの窓のみは一重ガラスです。

  

  そこで、トイレの窓を二重戸にすることにした。

  DIYの店に行って、40㎝×60㎝の0.5ミリ厚みのアクリル樹脂を買ってきた。

  

  窓枠の桟はツーバイフォーの木材を製材し、透明アクリル板をさし込む切り込みを桟に丸鋸の刃で入れた。

  

  上がトイレの窓枠に製作した内窓を取り付けた写真です。
  作った内戸の取付は、差し込んであるだけなので、寒くない時は、外す予定です。

  これで、早朝の寒さが少し和らぐのではと思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変形天板の丸椅子作り

2017年11月12日 09時12分11秒 | 木工

・・・久しぶりに、木工の作業をした、50ミリ板厚の木端材を使った変形丸椅子作りです。

  かなり以前、近所の方から50ミリの板の端材をに入手し、手元においてあった。

  その板を使って、味のある板の表面を残した丸椅子作りをした。

  

  直径40センチくらいの円を書いて切った板を天板にして、百均で買った34ミリ径の丸棒を足にした。

 板は味がある表面を上面にして使用しました。

  棒より細めの穴を板に開け、脚を接着剤を使わないで、叩き込んだ、組み立てた後は、全面をペーパーで磨いて、表面はウレタンの透明ニスを塗って仕上げました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タブレット立て

2017年04月02日 09時23分22秒 | 木工

・・・タブレット型パソコンは、机の上に水平に置くことになると、トテモ見にくい。

  操作するときは水平でもいいが、画面を見るときは自分の目と直角になるように、タブレットを傾けた方が見やすい。
  そこで木工の木端を使って、邪魔にならない大きさのタブレット立てを試作してみた。

  

  右が10インチのタブレット型パソコンです。
  左が木端で作ったタブレット立てです。

  

  タブレットを実際に置くと、上の写真のような状態になる。

  コンパクトに作ったので、とても小さくてよいが、タブレットの上の方をタッチすると不安定になる。
  しかし、さらわずに置いて、動画を見る分はちょうど良い角度で、見やすい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木製額縁つくり

2017年01月13日 07時11分23秒 | 木工

・・・久しぶりに木を使ったクラフトをした。

  妹に頼まれた小さな刺繍を飾る額である。
  大きさは220×75ミリの大きさの額です。

  

  まず図面を書き、額縁を構成するL字形で両角を45度に切断した木の部材を、テーブル丸鋸で製材し、四本作った。(上の写真)
  ほかに、透明のプラスティック板とベニヤ板を用意。

  

  上が完成した額縁です。

  

  四隅は切り込みで補強してあります。

  

  また、裏は紙を貼ってあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのまな板作り

2016年06月03日 05時51分41秒 | 木工

・・・久しぶりに娘に頼まれて、まな板作りをした。

  

  白木の240ミリメートルの幅の木を、ジグソーを使って、切り抜いた。
  厚みは20ミリあるが、柔らかいので、簡単に切り出せた。
  私の作るまな板は、丸い形を作るのですが、写真の形状は依頼者の希望です。

  表面はサラダオイルをタップリと塗り込んで、仕上げました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自作丸椅子を皮張り

2016年05月06日 05時57分11秒 | 木工

・・・かなり前に作った椅子がガタガタになってきたので、木組みをばらして、組み直た。
  そして、椅子の座面を四角から丸に削りなおして、座面に革を貼る作業をした。

  

  修理前の状態で、座面が長方形で、座面に差し込んである脚が長年使った結果、ガタガタに緩んでいた。

  

  脚の差し込み部分に楔を使って、しっかりと絞まるように加工して、脚を組みなおした。

  座面は丸形にして、座面にスポンジを敷き、その上に、豚皮の0.5ミリ厚みの革を張った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピザ・トレイの製作

2016年04月14日 05時45分31秒 | 木工

・・・石釜を作ったので、色々な備品を作る楽しみが出来た。

  今回は木製のピザ・トレイを作った。

  

  ピザを載せる表面。

  

  裏面。

  平らなトレイの本体部分は百均店で200円で売っていた、「竹製のまな板」を使った。
  少し重いが、熱に強そうです。
  品物に塗ってあった塗料は、トレイは食べ物を載せるので、ペーパーを使用して、塗料をはがした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30分で作ったデッキ階段

2016年03月19日 08時26分31秒 | 木工

・・・(ツーバイフォー材)×1.8mの木材一本を使ってウッドデッキから、庭に下りる階段を作った。

  ツーバイフォー材はDIY店で売っていて、安くて使いやすい材料です。
  今日は、この材料を使って、短時間で作れる階段製作をした。

  

  使った工具は、上の写真のみです。

  

  使った材料は1.82m材のみです。
  すべて、現物合わせで、製作したので、簡単で、且つ寸法間違いも少なくて作れます。

  

  作る時のコツとしては、現在ある、ウッドデッキから、水平線を曲尺を使って材料に書き込み、手鋸で切り込をします。

  

  上の写真が加工時間が30分での、出来上がりです。

  更に、しっかりしたものを造ろうと思えば、後はレッドシーダーなどの高級材を使う、階段の踏み板をもう少し幅広材を使うなどがあります。
  また、製作する時に、踏板をサイドの斜め板にホゾで組み込むと長持ちすると思います。
  他に、最後の仕上げに、防腐剤を塗れば完璧です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真立ての製作

2015年10月14日 07時07分18秒 | 木工

…古い写真スタンドの透明プラ板と銘木の端木で写真立てを作ることにした。

  手持ちの銘木の端木を10ミリ厚みの板に、テーブル丸鋸で、切りそろえた。

  
  上の写真はテーブル丸鋸と10ミリ厚みに、切りそろえた板。

  その板に、幅3.5ミリ×深さ7ミリの溝を丸鋸で彫り込む。

  

  テーブルにセットした丸鋸の刃を7ミリだけ、テーブルから突出させて、そこを板が通過することで、下面に溝を掘る。
  丸鋸の刃は2ミリ厚みなので、二回通過させて、幅3.5ミリの溝を掘る。

  

  透明プラ板二枚の間に写真をはさみ、プラ板の周囲を溝を掘った板で囲んで出来上がりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸テーブルの修理

2015年06月24日 07時03分09秒 | 木工

・・・クラフトと云うと、私の場合は、最近は、革細工が多くて、木工は少なくなった。
 
  我が家の庭で使っている、コーヒーテーブルの上板が風雨で、腐ってきて、ダメになった。
  DIY店で買ってきた、SPF材を使って修理することにした。

  

  板を三枚、木工ボンドで貼りあわせ、420ミリ幅の板を作り、その板から、ジグソーで丸く切り出した。

  

  下のテーブルの脚部分は使用上問題なさそうなので、塗料をはがして塗りなおすことで再使用することにした。

  

  上の写真は修理も終わり、再使用しているコーヒー丸テーブルの状況です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウッドデッキの修理

2015年01月05日 07時40分21秒 | 木工

・・我が家のウッドデッキは全部私の自作である。
  私がいつも居る部屋の前のウッドデッキの一部の木材が腐ってきた。
  
植物の鉢を置いてあった場所が局所的に、根太と一部上板が腐ってきたらしい、腐った基礎支柱と上板を張り換えた。

  

  上の写真の手前部分が修理前のウッドデッキの状態です。

  

  ウッドデッキのサイドに付けていた柵が取り払い、修理する時にサイドの柵を外してみると、何時も見ている庭の景色が広く見えたので、柵をなくすことにした。

  

  ウッドデッキの基礎支柱と上板を取り換え、修理が終わった状態です。
  塗料も塗り替えると元通りに甦りそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼き板で作った飾り枠縁

2014年12月04日 07時38分32秒 | 木工

・・・先日、庭で焼き板を作った事をブログに書いた。

  

  作った板を使って、室内インテリアとして、飾り用の枠縁を作った。
  
  

  30センチの長さの板を上の写真のように、四枚加工した。

  

  四枚の焼き板を木工糊で組み立て、削ったり切ったりした板の断面を、再度バーナーで焼き跡をつけ、枠に仕上げた。
  上の写真のように、壁の前に置いて、中に観葉植物を置くと、室内装飾になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼き板の試作

2014年11月29日 08時12分09秒 | 木工

・・・木工の手法の一つとして、焼き板がある。
  その目的は、腐食対策であったり、美観上であったりするが、
  今までの、私の加工方法は、木の作品を作ってから、塗料を塗るようにして、木製品全体をハンディーバーナで焼いて加工していた。
   最近はDIY店で、焼いた板が売っている。
   とてもきれいに焼き処理をしてあり、木工作品としては、面白みに欠ける。

   そこで、今回、私は、家の庭で、焼き板処理を素材の段階で加工することをやってみた。

   

  バーベーキュコンロで、板を焼いた。

  

  その後、ワイヤーブラシで焼いた面をこすって、板の木目を浮き出させる。

  

  最後に、汚れを布で拭いて焼き板が仕上がりです。
  仕上がりは、全体に、焼きむらがあり、作品に味がでます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄関横の植木鉢を作りました。

2014年11月02日 17時02分14秒 | 木工

・・・当家の奥さんの希望で、玄関わきに長さ1.5メートル深さ0.2m幅0.3メートルの木製の植木鉢を作りました。

  

  後ろの建物の中央の窓の部分は植木鉢に、植木でなく、石を入れるようにしてくれとの希望です。
  使用した材料の木の板は、希望で、使い古した感のある板を使って、切り口はバーナーで焼いて黒くしました。  箱全体をワイヤーブラシでこすって、板の木目を強調した。

  

  草花を植えて完成した写真です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チーズカッティングボードの製作

2014年09月22日 07時03分11秒 | 木工

・・・DIYで買ったホワイトウッドの板を使ってチーズカッティングボードを作った。

  

  形は正月に使う羽子板の形に、似せて切り抜き、表面をベルトグラインダーで研磨した。
  仕上げ塗料は食べ物を載せると云う事でウッドオイルの拭きこみで仕上げた。
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加