還り見れば酔生夢死か?

80歳代の聾人でネットの話題を書いています。足が悪いので家で得ることが出来るネット情報と私自身の唯我独尊の偏向文です。

余禄 古代ギリシャ文明を衰亡させた「アテナイの疫病」は…

2016-10-12 05:02:23 | ネタ

古代ギリシャ文明を衰亡させた「アテナイの疫病」は…

 古代ギリシャ文明を衰亡させた「アテナイの疫病」は凄惨(せいさん)だった。「患者たちは神殿に助けを求めてつめかけ、神にすがったが、病苦に打ち負かされ、もうこのような場所に寄りつかなくなった」

▲文明の様相を変えるほどの惨禍から以前はペストと思われたこの病だが、史書が伝える病状から今やペスト説は否定された。では何だったのか。発疹チフス、天然痘と並んで有力な候補に挙げられているのが麻疹−−はしかだという(立川(たつかわ)昭(しょう)二(じ)著「病気の社会史」)

▲疫病のイメージから遠いはしかも、免疫のない土地では凶暴な様相を見せる。日本でも江戸時代には20〜30年おきに大流行をくり返し、その間に五代将軍・綱吉(つなよし)の命を奪い、幕末の文(ぶん)久(きゅう)年間には24万人もの死者を出したという記録まである。はしか、恐るべしである

▲7〜8月に関西空港を利用した人などの間ではしか患者が急増し、先日、厚生労働省の専門家会議が注意を呼びかけたとのニュースを心に留めた方もおられよう。すでに今年は国内で60人を超えるはしか感染者が出ていて、これは昨年の感染者数を大きく超えている

▲はしかといえばつい近年まで毎年何万人も感染し、軽い病気の代表のような言われ方をした。その日本もワクチン接種で昨年はついに土着のウイルスによる感染が確認されない「排除状態」と認定された。ところが一転、他国由来のウイルスによる感染者増加である

▲インフルエンザよりずっと感染力が強く、免疫のない者は肺炎や脳炎などによる重症化が怖い。ここは「はしかは命(いのち)定(さだ)め」と恐れた江戸のご先祖の初心に帰ってウイルスの脅威を封じ込めたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  つぶやき 

チト記事は古いがハシカ騒動はおさまったんのかな~ァ ハシカの感染力がインフェルエンザより強力とは?  

ハシカは私は子供の頃 その予防ワクチンをしたように覚えていますが・・・多分 母から聞いたのかな?昔は学校などで強制的にやっていたように思うが思い違いかな?

ツベルクリン?(結核予防?)だったか?は生徒がお医者さんの前に並んで予防注射を学校で打ったのは覚えています。なにしろ一本の注射器で針先をアルコール綿で拭くだけでチクリ・チクリと次々に生徒の腕に皮下注射を打っていましたから・・・。チクリと痛みを感じるとすぐに上腕にプクリと半径5mm くらいの小さな水膨れができましたね。

「コスッタリ・掻いてはいけません」と先生が怒鳴っていました。

  ハシカ :   http://ehonkan.jp/kosodate/hasika/  

私の古い友達に戦後すぐに「チフスにかかったが何とか助かりあやふく命拾いした」と言っていた 同級生もいたが、確か九州出身だった。
 
噂では戦後のチフスも外地からの復員兵から感染したらしい・・・と言われていたが・・・。   

 ウイキより参考記事抜粋 ↓ 

発疹チフスは発疹チフスリケッチアと呼ばれる細菌の一種が媒介動物によって人体に潜入し、ヒトの細胞内で増殖することによって発症する病気です。発疹チフスを媒介する病原体はシラミです。戦争や貧困、飢餓など国家の社会情勢が不安定な時に流行してしまうのが特徴です。

我が国においても戦後期の1946年(昭和21年)に32300人の患者数を記録しています。その後、数年間は年間に100人を超す患者数が認められていました。しかし、1953年以降では1957年(昭和32年)の1例を除けば今日に至るまで患者の発生は認められていません。つまりほぼ根絶された病気という認識が広まっているという事ですね。

しかし、近年の地球温暖化現象の一端によるデング熱や日本脳炎の発生例を鑑みれば、同じ節足動物が媒介動物になるという危険性を看過していいのか疑問に思える部分も否定できないのが実情ではないかと思えるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国に「面を洗って出直して... | トップ | 北京爷们儿叫板韩国黑导游 »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
疫病 (メタボ)
2016-10-17 16:22:07
osamu様

都の疫病:利権の源は築地の莫大な財産価値にあり~ そこがほしくて、たまさか豊洲(とんでも汚染土地)に追いやりたかっただけ~

との本が紹介されていました。(黒い東京都知事 石原慎太郎)の題名で調べるとありました。宝島社?
MAG2に概要があります。6年前にすでに水面下で巨大な利権(日本の疾病)がうごめいていた。

内容読まなくても、項目見ればわかります。これなら私でもひたすらボケを演じて逃げます。 噂は本当だったかと、単行本で720円、普通だと4000円もします。

私は買いません、今現在で一冊しかないので先輩にお譲りいたします(笑)単行本の方です。

新潟県知事が自民の予想外のことになっていますね。福島事故の東電や政府の対応や各地の原発再稼働に関しての複雑な国民感情。もんじゅの不明朗な疑惑だらけの幕引きなど、自民応援したくても出来ない怒りが潜在していると思います。

都知事に始まり、都民や県民の疑いの眼を馬鹿にしてはいかんとです。
近所の住宅で白アリの大被害。慌てて薬を撒きましたが移動してこないか?原子力村もいい加減シロアリ退治してほしか~ 安倍さん見誤らないでくだされ~   草々
              メタボ拝
黒知事 (メタボ)
2016-10-24 23:24:26
osamu様

先週(黒い都知事 石原慎太郎〉宝島社 を紹介させていただきましたがチェックされましたでしょうか。私は購入しませんが、一度検索してみてください。すべては石原知事から始まった~もまんざら?

小池さんも一人では解決しきれない問題ばかりですが、すべて太陽を背にして戦っているので有利です。意地でもドンなどが絡む会場は必ずやめてほしいものです。

石原氏にも再度議会への出席要請をしましたが、とことんボケを演じて逃げるのが定石なので、石原さんから情報を引き出すのは難しいと思います。  草々
   演ぜずともすでにぼけているメタボ拝
メタボさんへ (osamu)
2016-10-28 17:18:04
>著者 一ノ宮 美成 (著),グループ・K21 (著) 定価:720円 <

見出しは見ました。成程、よく判ります。ただ「ドン」の名がないですね?

新潟県知事・自民は負けました。原発の始末が未だでは仕方ないです。 英国がシナに原発の建造を頼みましたが英国は原爆をもっていて原子力の研究は先端の筈でしたが原発建造からは手をひきました。その結果中国に建造を頼む仕儀になったようです。なぜ今頃 英国は原発を必要としたのか?よく判りません。中国への発注は政権交代で中止になっていますが今 中国は巻き返しに英国に脅しをかけています。果たしてどうなることでしょうね?

小泉元総理は「アベ首相が一言 原発は中止」と言えば済むことだ ・・と言っています。

私は英国の二の舞はごめん蒙りたい思いです。安倍総理も むつかしい決断です。

東京都議の白蟻集団は何としても駆除の必要があります。できれば検察の手を入れて欲しいものです。素人ではどうにもならないのでは?

鳥取の地震 中々収まりませんね。こちらの地震(鳥取)も心配です。もう少し経てばこの震源地が今度は千葉県沖合に移りそうです。 心配しても対策がないので放置ですか? まだ 深海魚が取れたニュースがないのが気休めです。関東大震災の時は2~3日前から深海魚が網にかかったと言われています。

ご返事がおそくなり大変すみませんでした。陳謝 osamu 拝 

追伸 風邪の咳はお陰様で やっと小康をえました。もう少し体調がよくなるとインフェルエンザの予防接種を予定しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む