還り見れば酔生夢死か?

80歳代の聾人でネットの話題を書いています。足が悪いので家で得ることが出来るネット情報と私自身の唯我独尊の偏向記事です。

余禄 「虎の子が深い山の峰をわたる」ような人相とは…

2016年07月26日 14時59分45秒 | ネタ
 「虎の子が深い山の峰をわたる」ような人相とはどんなだろうか。史書「大(おお)鏡(かがみ)」のなかで人相見が若き藤(ふじ)原(わらの)道長(みちなが)の相をそう評している。当時有力だった兄たちも優れた相の持ち主だったが、誰より道長が勝っていると将来の権勢を予言した ▲さて、東京都の「顔」選びでは、有権者もこの人相見並みの観相術を身につけねばならないのか。自薦、他薦入り乱れてのすったもんだの末、政 . . . 本文を読む
コメント (1)

余禄 8世紀初め、中国に倣って制定した…

2016年07月22日 04時00分48秒 | ネタ
  8世紀初め、中国に倣って制定した大宝律(たいほうりつ)が、わが国刑法の始まりとされる。それには「縁座(えんざ)」という制度が盛り込まれていた。罪を犯した者だけでなく、その家族にも連帯責任で刑罰を科す仕組みである。「縁座」制は後世まで存続し、江戸時代にはとりわけ武家に対して厳しく適用されたそうだ ▲家族とはいえ、身に覚えのない罪の責任を負わされてはたまらない。そこで近代民主国家の刑法は、個人責 . . . 本文を読む
コメント (3)

見逃した記事 中国製車両が海外で初の大規模リコール シンガポール都市鉄道

2016年07月19日 18時29分12秒 | ネタ
 中国製車両が海外で初の大規模リコール シンガポール都市鉄道が故障だらけ 鉄道受注合戦さらに暗雲 ソース : http://www.sankei.com/world/news/160716/wor1607160002-n1.html   以下 記事 その1 中国が国家戦略の柱に掲げる「高速鉄道外交」が次々に頓挫しているニュースを「ビジネス解読」で取り上げたばかりだが、中国の鉄道がらみの失態が . . . 本文を読む
コメント (2)

余禄 日本が初めて経験した国際裁判は…

2016年07月15日 13時13分41秒 | ネタ
   日本が初めて経験した国際裁判は明治初めのマリア・ルス号事件だった。横浜に停泊していたペルーの貨物船で奴隷として監禁されていた清国人への虐待が発覚、日本政府が解放したところ、ペルー政府が国際法違反だと抗議したのだ ▲紛争はロシア皇帝・アレクサンドル2世を判事とする仲裁裁判に付され、1875年に日本側勝訴となる。奴隷だった230人余はすでに清国政府が用意した船で帰国していた。世界的にも国際裁判 . . . 本文を読む
コメント

余禄 夏の午後、退屈した家族の一人が「隣町に食事に行こう」と言い…

2016年07月11日 06時24分37秒 | ネタ
 夏の午後、退屈した家族の一人が「隣町に食事に行こう」と言い、そろって出かけた。だが暑さとほこりで道中も食事もさんざんだった。帰ると全員が口々にぼやいた。「みんなが行きたそうだから行ったが、私は本当は家にいたかった」 ▲ひょんな拍子にその場の空気に引きずられ、誰も好まない決定をしてしまうのは日本人だけに限らない。そんな集団思考の危うさを指摘した米経営学者のたとえ話である。これが「アビリーンの逆説 . . . 本文を読む
コメント (4)

余禄 年老いた孔子は古の聖人・周公の夢を…

2016年07月06日 06時16分04秒 | ネタ
 年老いた孔子(こうし)は古(いにしえ)の聖人・周(しゅう)公(こう)の夢を見なくなったと、心身の衰えをなげいた。で、こちらは江戸時代の儒学(じゅがく)の先生、弟子に昼寝しているのを見られて「周公の夢を見ていた」と言い訳をする ▲翌日、今度は弟子が昼寝しているのを先生が見つけ、起こすと「周公に会っていた」という。「ならば周公は何とおっしゃった」。先生が問い詰めると、弟子は「周公はきのう先生とは会 . . . 本文を読む
コメント (3)

産経抄 【産経抄】 若旦那の道楽 6月28日

2016年07月01日 19時28分41秒 | ネタ
【産経抄】 若旦那の道楽 6月28日 http://www.sankei.com/world/news/160628/wor1606280004-n1.html  ・・・・・・・・・・・・・・・・   つぶやき  こちらも「困った者だ」では見過ごすことのできない相談だ。ミンシン党はいつまでハト・ポッポを放置するのだ。少なくとも「出国の自主禁止」くらいの処置はできないのかね?   まァ   . . . 本文を読む
コメント (6)

余禄 スルメは縁起が悪いからとアタリメに言い換えるのを…

2016年06月26日 07時07分51秒 | ネタ
スルメは縁起が悪いからとアタリメに言い換えるのを… スルメは縁起が悪いからとアタリメに言い換えるのを「忌(い)み言葉」という。古くは伊勢神宮に奉仕した皇女、斎王(さいおう)の御所で用いられた「斎宮(さいぐう)の忌み言葉」があった。神慮をはばかって仏教の用語や不浄な言葉を他の表現に言い換えたのである ▲僧侶は「髪長(かみなが)」と反対の意味に言い換えられ、仏を「中子(なかご)」と呼んだのはお堂の . . . 本文を読む
コメント (6)

msn ニュース 親日から親中に…オーストラリアの危うい現状を憂えています(その3) 

2016年06月22日 08時08分31秒 | 戦争
親日から親中に…オーストラリアの危うい現状を憂えています(その3) 空爆記念式典にも変化が… http://www.sankei.com/premium/news/160620/prm1606200002-n1.html     ・・・・・・・・・・・・・・・・・  つぶやき シドニー要港司令官のジェラード・ミュアヘッド=グールド海軍少将の言葉が素晴らしい!  戦争賛美ではありません。国 . . . 本文を読む
コメント (2)

北朝鮮で結婚式を挙げられた日本人夫婦

2016年06月20日 01時49分00秒 | ネタ
今時 北朝鮮で結婚式などとても考えらえませんが応対はとてもよかったとか? 少々長い記事ですが興味を引きました。 http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e5%89%8d%e4%bb%a3%e6%9c%aa%e8%81%9e-%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e3%81%a7%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%8 . . . 本文を読む
コメント

余禄 人が他人に対し攻撃的になるのは…

2016年06月17日 05時02分19秒 | ネタ
人が他人に対し攻撃的になるのは…  人が他人に対し攻撃的になるのは欲求不満や不快な感情の表れだが、それだけで実際に攻撃に踏み切るのではない。攻撃行動はその手がかりとなる刺激によって起こるという「攻撃手がかり説」を唱えたのは米心理学者バーコビッツだった ▲バーコビッツが行った実験では、欲求不満状況に置かれた人の攻撃性を明らかに高めたのは目の前に銃が置かれた環境だった。銃はそれが目に入るだけで攻撃 . . . 本文を読む
コメント (6)

余禄 「ツナ缶」といえば日本では…

2016年06月15日 07時30分08秒 | ネタ
「ツナ缶」といえば日本では… 「ツナ缶」といえば日本ではマグロの缶詰を言う。だが、世界的には、その原料の大半はカツオである。漁獲規制の強化や価格の高さから、日本向け以外ではまずマグロは使わない ▲ツナ缶は今、欧米向けだけでなく国際商品になった。最大の生産拠点はタイだ。ツナ缶収集家でもある山下東子(はるこ)さんの「魚の経済学」(日本評論社)によると、生産量は世界の3分の1を占める。最大手が米国企 . . . 本文を読む
コメント (4)

余禄 けちを俗に「六日知らず」という…

2016年06月12日 16時00分05秒 | ネタ
けちを俗に「六日知らず」という…  けちを俗に「六日知らず」という。日にちを勘定するとき1日、2日……と指を折って、5日で握りこぶしとなる。一度握ったら放さないから6日以上は数えられない。吝(りん)嗇(しょく)を笑う落語のまくらだ ▲けちが噺(はなし)のたねにされるのは寄席のお約束で、金を払ってまで噺を聞く客にけちはいないわけだ。逆に言えば、客は金を払っても吝嗇家を笑いたいということか。今なら . . . 本文を読む
コメント (7)

余禄 「スタバ(スターバックスコーヒー)はないけど…

2016年06月10日 03時35分03秒 | ネタ
「スタバ(スターバックスコーヒー)はないけど、日本一のスナバ(鳥取砂丘)はある」。その後スタバは鳥取県内に進出したが、平井伸治(ひらいしんじ)知事の「名言」は広まった。人口が日本で最も少ない県は存在感をアピールしようと懸命だ ▲なのに、また影が薄くなるのではと県民は心配しているようだ。夏の参院選で「鳥取・島根」は「徳島・高知」と並んで合区された。両県で1人の議員しか選べない。人口が多い島根出身の . . . 本文を読む
コメント (6)

余禄 物事の当事者ではない立場の「第三者」は…

2016年06月07日 19時57分57秒 | ネタ
 物事の当事者ではない立場の「第三者」は明治時代に西欧の法律とともに輸入された言葉らしい。ただ昔も局外者だからこそ、かえって局面が読めるという「岡目八目(おかめはちもく)」のような言葉もあった ▲この「岡」は傍(かたわ)らという意味で、交際もない相手をわきから恋する「岡ぼれ」、他人の仲が良いのを関係ない者がねたむ「岡焼き」という言葉もある。同じく「岡評議」「岡吟味(ぎみ)」は物事の局外者がする議 . . . 本文を読む
コメント (2)