還り見れば酔生夢死か?

80歳代の聾人でネットの話題を書いています。足が悪いので家で得ることが出来るネット情報と私自身の唯我独尊の偏向記事です。

余禄 スルメは縁起が悪いからとアタリメに言い換えるのを…

2016年06月26日 07時07分51秒 | ネタ
スルメは縁起が悪いからとアタリメに言い換えるのを… スルメは縁起が悪いからとアタリメに言い換えるのを「忌(い)み言葉」という。古くは伊勢神宮に奉仕した皇女、斎王(さいおう)の御所で用いられた「斎宮(さいぐう)の忌み言葉」があった。神慮をはばかって仏教の用語や不浄な言葉を他の表現に言い換えたのである ▲僧侶は「髪長(かみなが)」と反対の意味に言い換えられ、仏を「中子(なかご)」と呼んだのはお堂の . . . 本文を読む
コメント (5)

msn ニュース 親日から親中に…オーストラリアの危うい現状を憂えています(その3) 

2016年06月22日 08時08分31秒 | 戦争
親日から親中に…オーストラリアの危うい現状を憂えています(その3) 空爆記念式典にも変化が… http://www.sankei.com/premium/news/160620/prm1606200002-n1.html     ・・・・・・・・・・・・・・・・・  つぶやき シドニー要港司令官のジェラード・ミュアヘッド=グールド海軍少将の言葉が素晴らしい!  戦争賛美ではありません。国 . . . 本文を読む
コメント (2)

北朝鮮で結婚式を挙げられた日本人夫婦

2016年06月20日 01時49分00秒 | ネタ
今時 北朝鮮で結婚式などとても考えらえませんが応対はとてもよかったとか? 少々長い記事ですが興味を引きました。 http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e5%89%8d%e4%bb%a3%e6%9c%aa%e8%81%9e-%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e3%81%a7%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%8 . . . 本文を読む
コメント

余禄 人が他人に対し攻撃的になるのは…

2016年06月17日 05時02分19秒 | ネタ
人が他人に対し攻撃的になるのは…  人が他人に対し攻撃的になるのは欲求不満や不快な感情の表れだが、それだけで実際に攻撃に踏み切るのではない。攻撃行動はその手がかりとなる刺激によって起こるという「攻撃手がかり説」を唱えたのは米心理学者バーコビッツだった ▲バーコビッツが行った実験では、欲求不満状況に置かれた人の攻撃性を明らかに高めたのは目の前に銃が置かれた環境だった。銃はそれが目に入るだけで攻撃 . . . 本文を読む
コメント (6)

余禄 「ツナ缶」といえば日本では…

2016年06月15日 07時30分08秒 | ネタ
「ツナ缶」といえば日本では… 「ツナ缶」といえば日本ではマグロの缶詰を言う。だが、世界的には、その原料の大半はカツオである。漁獲規制の強化や価格の高さから、日本向け以外ではまずマグロは使わない ▲ツナ缶は今、欧米向けだけでなく国際商品になった。最大の生産拠点はタイだ。ツナ缶収集家でもある山下東子(はるこ)さんの「魚の経済学」(日本評論社)によると、生産量は世界の3分の1を占める。最大手が米国企 . . . 本文を読む
コメント (4)

余禄 けちを俗に「六日知らず」という…

2016年06月12日 16時00分05秒 | ネタ
けちを俗に「六日知らず」という…  けちを俗に「六日知らず」という。日にちを勘定するとき1日、2日……と指を折って、5日で握りこぶしとなる。一度握ったら放さないから6日以上は数えられない。吝(りん)嗇(しょく)を笑う落語のまくらだ ▲けちが噺(はなし)のたねにされるのは寄席のお約束で、金を払ってまで噺を聞く客にけちはいないわけだ。逆に言えば、客は金を払っても吝嗇家を笑いたいということか。今なら . . . 本文を読む
コメント (7)

余禄 「スタバ(スターバックスコーヒー)はないけど…

2016年06月10日 03時35分03秒 | ネタ
「スタバ(スターバックスコーヒー)はないけど、日本一のスナバ(鳥取砂丘)はある」。その後スタバは鳥取県内に進出したが、平井伸治(ひらいしんじ)知事の「名言」は広まった。人口が日本で最も少ない県は存在感をアピールしようと懸命だ ▲なのに、また影が薄くなるのではと県民は心配しているようだ。夏の参院選で「鳥取・島根」は「徳島・高知」と並んで合区された。両県で1人の議員しか選べない。人口が多い島根出身の . . . 本文を読む
コメント (6)

余禄 物事の当事者ではない立場の「第三者」は…

2016年06月07日 19時57分57秒 | ネタ
 物事の当事者ではない立場の「第三者」は明治時代に西欧の法律とともに輸入された言葉らしい。ただ昔も局外者だからこそ、かえって局面が読めるという「岡目八目(おかめはちもく)」のような言葉もあった ▲この「岡」は傍(かたわ)らという意味で、交際もない相手をわきから恋する「岡ぼれ」、他人の仲が良いのを関係ない者がねたむ「岡焼き」という言葉もある。同じく「岡評議」「岡吟味(ぎみ)」は物事の局外者がする議 . . . 本文を読む
コメント (2)

韓国軍とベトナム慰安所

2016年06月05日 14時00分00秒 | 朝鮮人
 韓国軍とベトナム慰安所 韓国がベトナム戦争で強姦・殺戮に飽き足らず、現地女性を集めて韓国兵向けの慰安所を開設していたことが近年明白になった。手先となって蛮行の限りを尽くした700年前の元寇から何ら変わらぬ隣国の素顔に迫る。「IRONNA」より http://ironna.jp/theme/272  /////////////////////////////////     つぶやき (1 . . . 本文を読む
コメント (1)

韓国人中学生が『頭のおかしい本音を次々に暴露して』世界が吃驚仰天。世論調査で凄まじい結果を出した模様

2016年06月03日 07時35分17秒 | 朝鮮人
ゆく韓国人中学生が『頭のおかしい本音を次々に暴露して』世界が吃驚仰天。世論調査で凄まじい結果を出した模様 ////////////////////////////////////  つぶやき  それでも米国は「日本は韓国と仲良くしろ」と言うのか? 併合時 日本は「なんら朝鮮から奪う」ものなどはなかったし その心算もなかった。 農作物 等 奪った事実もない。 ただ 満州と北朝鮮の地下資源に . . . 本文を読む
コメント

余禄 米ソ両陣営が大量の核を擁して向き合っていたころ…

2016年06月01日 06時26分45秒 | ネタ
米ソ両陣営が大量の核を擁して向き合っていたころ、その指導者の机には自分の判断の未来を映し出す水晶玉が置かれていた。いや、むろん現実の話ではなく、たとえ話と受け止めていただきたい ▲誤った決断をしようとした時、水晶玉には何が映ったろう。それはほかならない人類が初めて広島・長崎で見た途方もない都市の壊滅だった。では、指導者たちはそんな恐ろしい核兵器を放棄しようとしたか。あろうことか、選んだのはお互い . . . 本文を読む
コメント (5)

管政権時代の国民の知らない暴挙の数々 

2016年05月30日 05時28分52秒 | ネタ
    国民搾り米軍に年7000億円 「思いやり予算」の総額維持                菅政府またも公約投げ捨て    2010年12月17日付 http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kokuminsiboribeigunninen7000okuen.html  下記は ← の転写である。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ . . . 本文を読む
コメント (1)

余禄 「目出度さはことしの蚊にも喰れけり」は…

2016年05月28日 11時51分20秒 | ネタ
  「目出度(めでた)さはことしの蚊にも喰(くわ)れけり」は一茶(いっさ)の句である。この季節、老いた身に今年も蚊がやってきて食っていく、めでたいかぎりという。どんな虫にもやさしいまなざしを注いだ一茶には、蚊を詠んだ句が200以上もあるそうだ ▲もっとも大方の人は「血を分けし身とは思わず蚊の憎さ 丈(じょう)草(そう)」であろう。刺されたかゆみやうるささはがまんできても、遠い南の国からやってきた . . . 本文を読む
コメント (2)

在日韓国人の国会議員29人

2016年05月26日 13時25分53秒 | 朝鮮人
  在日韓国人の国会議員29人    他 :https://www.youtube.com/watch?v=ukLJdb3B8Y8          https://www.youtube.com/watch?v=gBfw2HY12_M     https://www.youtube.com/watch?v=6DSxyIuaVpM  ・・・・・・・・・・・・・・・・・    つぶやき . . . 本文を読む
コメント (2)

余禄 高度成長真っただ中の1968年の流行語は…

2016年05月23日 03時19分22秒 | ネタ
 高度成長真っただ中の1968年の流行語は… 高度成長真っただ中の1968年の流行語は「昭和元禄(げんろく)」だった。経済大国となり太平ムードにあふれた世相を表したものだ。万博を控えた大阪に「がめつい」「ど根性」というイメージが定着した頃でもある ▲経済重視の風潮の中、上方歌舞伎や文楽(ぶんらく)は観客減に見舞われ存続が危ぶまれていた。伝統芸能の衰退を止めようと、その年創刊されたのが季刊誌「上 . . . 本文を読む
コメント (4)