丸森町から! 一條己(おさむ)のほっとする丸森

15頭の乳牛と田に30羽の合鴨。畑に特産ヤーコンを作っています。訪れるだけで「ほっとする町」丸森町の様子をつづります。

ザンビア国IN丸森町耕野地区~ ザンビア・丸森プロジェクト~研修発表会

2016-10-15 21:01:41 | 日記

 先週の金曜日

~ ザンビア・丸森プロジェクト~研修発表会

発表の様子です

 

食生活について

ザンビアではミツバチは仕事になってません

養蜂業石塚さんのところでは

蜂蜜はもちろん、蜂蜜アイス・クリームなど、さまざまな商品が作られている

加藤さんのところでは、キノコ栽培を学びました

菌床栽培は棚を作って空間を効率的に利用している

ホースで水分補給

 

1,2,3の番号菌床は地域にある材料を使ってますが、その混合の仕方により生育がちがいます

1、は大豆残渣のみ(150gのキノコができました)

2、は大豆残渣と米ぬか混合(280gのキノコ)

3、は大豆残渣と米ぬか混合(280gのキノコ)

菌床シイタケ栽培には地域の資源が使える事と

いろんな材料を混ぜ合わせると終了が増すのがわかりました

 

 ザンビアでは、こんな風にして研修会をしています

 民泊は金曜日に行われ、一人の方に通訳が一人ついて行われました

ジャイカの方々が協力

発表会にはたくさんの方がさんかされてました

 高齢者教室は大変興味深いものでした

長寿国日本は

食生活改善と運動が関係してることがわかったので

是非、ザンビアでも取り組みたい

 オー これは、きもち悪かった

毒蛇の蝮の焼酎漬け

いろんな効用があるということで

ザンビアの毒蛇でも試したい

 こんにゃく作り体験

 

耕野では 産直市場で野菜が売られている

ザンビアでもこんな販売を普及させたい

 棚田での交流

 舘矢間ひまわり祭りを見学

 伝統文化の技を学びました

 以上で4人の研修生の発表を終了しました

ザンビア大使館のみなさん

左の方がナンバー2の参事官であるジム・シニェンザさん

以前、創造センターで始めた農業研修に参加されて丸森にはなじみだと言ってました

 懇親会の開会のあいさつは宍戸会長

 副町長のあいさつ

 ザンビア大使館参事官の祝辞

是非、丸森町とは姉妹都市のような交流をしたいと話されました

 乾杯の準備

議長が、ぜひ姉妹都市の交流実現をと乾杯

 

 乾杯

 太鼓と音楽で

こうなりました

 

 

閉会のあいさつは八島さん

 なごりおしいあぶくま荘での一晩でした

この日はバレーボール大会が開催されていました。妻のソフトバレーチーム

優勝でした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊達ルネッサンスー耕野の古... | トップ | きょう、稲刈りが終了しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。