丸森町から! 一條己(おさむ)のほっとする丸森

15頭の乳牛と田に30羽の合鴨。畑に特産ヤーコンを作っています。訪れるだけで「ほっとする町」丸森町の様子をつづります。

宮城県農業短期大学昭和48年度卒業生同級会が7月23日にありました。2

2017-07-27 21:00:14 | 日記

次の日、帰って行ったら

妻と、娘が「お父さんを覚えていた人いたの」と聞くんです

同級会の日は、二人と昼食を食べて、利府のショッピングセンターで買い物をして

松島まで、送ってもらいました

はたから見ても、私はよっぽど、うれしそうだったのかも

みんなと話すのが楽しくて、料理はほとんど食べられなかった

お昼におなかいっぱい食べていって、良かったと言ったら、

良かったねと笑ってました。

一学年が158人と人数が少ない大学。それも、在学は2年だけですから

私達の時は、同級生で結婚した方も多くて、とってもアットホームなつながりで、

農業科、農業土木科、畜産科をとわず、仲が良かったのです

とくに畜産課は

女性10人のうち8人が出席で、秋田とニューヨークに住んでる方が欠席しただけでした

アパート、田中荘暮らしで、女子は普段から連絡が濃だったようです

それでも、欠席の県職員だった及川君と秋田とニューヨークの女子は

4人で行う実験の時の同じ班だったので、なかよしで、会えないのは残念でした

それでも、私は、たった一度のデートでしたが、広瀬川河畔を歩いた彼女と

彼女の好きな、ガロの「学生街の喫茶店」をデュエットをしたし

男子はみんな、昔の憧れのマドンナと2ショット

皆と同じに

帰り際には「じゃー またね」

次は、100歳かな

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮城県農業短期大学昭和48年... | トップ | 宮城県農業短期大学昭和48年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。