2006年7・8月号(通巻417号):目次



《V時評》
「CSR」が支えるCSR
 早瀬昇

《創刊40周年記念特集》
市民創出メディアの銀河系

1.P&Dメディアミックスのすすめ
2.市民による、市民のためのラジオ局
  ~京都三条ラジオカフェ
  ブログで現場の生の声を
  ~生きがいしごとサポートセンター阪神北
3.インターネットがもたらす不特定多数とのコミュニケーションが
  市民活動を次のステージに導く
   田村太郎(IIHOE研究主幹)
4.市民活動におけるDメディア戦略
  ~実践「Voloウォロ」のDメディア作戦
5.これが『ウォロ』の発送現場だ!!

 吐山継彦 久保友美 近藤鞠子

《むだちしき》
活動監視員

《トピックス・月ボラ》
「ボランティアとは何か」の歴史的転換
 中山淳雄(株式会社リクルートスタッフィング)

《語り下ろし市民活動》 
患者と医療者がささえあう「パブリックな医療」の実現をめざして②
辻本好子さん(NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長)
 川井田祥子

《ゆき@》
嵐の中の差別をなくす条例です(;´_`;)
  大熊由紀子(福祉と医療、現場と政策をつなぐ「えにし」ネット

《この人に》
金香百合さん(ホリスティック教育実践研究所 所長)
ホリスティックな取り組みを広げたい
 ちょんせいこ

《コーディネートの現場から ~現場は語る》
今年最大のイベントの最前線をボランティアに委ねる
 ~「海遊館 いきものデザイン博」展示交流ボランティアの試み
 田中広樹(大阪ウォーターフロント開発(株)企画総務部経営企画チーム学芸員
        海遊館いきものデザイン博・ボランティアコーディネーター)

《ミーティングファシリテーション工房》
描いてみよう設計図2
 ちょんせいこ

《わたしのライブラリー》
メディアの宇宙を遊泳する3冊
 影浦弘司

《VOICE NPO推進センターの現場から》
「あなたを歓迎します」という態度について
 岡村こず恵(大阪ボランティア協会 NPO推進センター)

《リレーエッセイ 昼の月》
歯並び今昔物語

《ウォロ・ニュース》
貸してください! 貴重な時間とあなたのパワー
 ~近畿ろうきん「NPOパートナーシップ制度」がスタート ほか

《新連載・うぉろ君の気にな~る☆ゼミナ~ル》
「裁判員制度」の巻

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ