大阪ボランティア協会・事業レポート

大阪ボランティア協会で実施した事業・イベントの報告を掲載しています。

第2回多文化カフェ ~柚子茶を飲みながら~韓国と日本、何が違う、何が同じ?

2011-01-12 17:52:16 | 多文化カフェ
(1)イベント名・事業名
第2回多文化カフェ ~柚子茶を飲みながら~韓国と日本、何が違う、何が同じ?
(2)開催目的やポイント
3月に韓国から大阪に来られたゲスト・鄭希英さんのお話から、韓国の教育制度、日本と韓国の教育のあり方の違い、日本語教育から見えてきたもの、等を学びます。
(3)当日の様子
柚子茶を飲みながら始まったカフェは、まず鄭希英さんのご家族の写真の紹介から始まりました。赴任された建国高校の様子と比較しながら、韓国の主に高校における教育の様子を紹介されました。1980年代の韓国における民主化闘争の時代を経て、今日に至るまでの社会状況の変化を、鄭さん自身の自分史と合わせて話されました。会議の時間が長い、とか子どもが先生にものを渡すのに片手で渡す、等といった日常生活に見られる違い、鄭さん自身が驚かされたこと、がユーモアーを交えて紹介されました。一度話が始まると止まらないのではないかと思われるほど?流暢に、わかりやすく、具体的に話され、あっという間の3時間でした。お隣の国でありながら、知らないことがいかに多かったのだろう、ということを痛感させられました。
(4)運営スタッフから一言メッセージ
エネルギッシュな鄭さん。子どもたちの教育に対する熱意が伝わる熱気のこもった、トークでした。参加者も韓国に関わりのある人が少なくなく、質疑応答も盛り上がりました。
(5)開催基礎情報
1.開催日時
2010年12月12日(日曜日) 15時―17時
2.開催場所
大阪NPOプラザ
3.参加者数
15名
4.登壇者名
建国高等学校 鄭希英(チョンヒヨン)さん
5.主催
大阪ボランティア協会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【朝ボラ】山歩きクリーンボ... | トップ | 「市民が創る!裁判員制度 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。